このほど足をケガしたフリをして車イスに乗り、空港のセキュリティ検査にできた長蛇の列をパスした男性の行動が物議を醸している。男性はTikTokアカウントでその一部始終を明かしており、悪びれる様子もなく笑顔を見せるその姿には「因果応報でいつか自分に返ってくるよ」などの声があがった。『Metro』などが伝えている。

イギリス在住のウルフ・ジェンキンスさん(Wolf Jenkins、28)は先日、旅行の帰りにトルコにあるミラスボドルム空港で飛行機に搭乗するためにセキュリティ検査へ向かった。早めに終わらせて搭乗時間までゆっくり過ごしたいと考えていたウルフさんは友人と共にセキュリティ検査の場所へ向かったのだが、そこには空港の外にまで続く大行列ができていた。

「少なくとも2時間は並ぶことになると思いましたね」とウルフさんは明かしており、予想外の行列に面食らっていた。だが2時間も並んでいたら搭乗時刻に間に合わないかもしれないと思ったウルフさんは、車イスに乗っている人が行列に並ばずに専用のレーンでセキュリティ検査を受けているのを目にしてある手段に出ることにした。

ウルフさんは一度空港の外に出ると、片足の靴と靴下を脱ぎ足を引きずるフリをしながら空港に戻った。するとその姿を見たスタッフに「介助が必要ですか?」と尋ねられ、ウルフさんは「タクシーに乗る前にホテルで足を捻ってしまったんです」と答えた。ウルフさんは搭乗手続きやセキュリティ検査を終えているか聞かれると、「まだです。少しなら歩けます」と謙虚な姿勢を見せたという。これを聞きスタッフは「問題ないですよ」と話し、慣れた手つきで車イスを用意してウルフさんを車イス専用レーンに案内した。

スタッフの先導のもとウルフさんは友人に車イスを押してもらいながら進み、通常のレーンにできた大行列を横目にしながらあっという間にセキュリティ検査を終えた。当時の様子をウルフさんは動画に収めており、友人と共に悪びれる様子もなく笑顔を見せている。しかも搭乗時刻までお酒を飲んでゆったりと過ごすウルフさんの姿が映っていた。また搭乗時刻になり搭乗ゲートから飛行機に向かう通路では、友人ではなくスタッフウルフさんの車イスを押していた。

さらにウルフさんたちは、予定されていたものとは別の座席を用意されたという。ウルフさんの状態を見た客室乗務員が気を利かせ、ウルフさんと友人のために6席から成る列全体を用意してくれたのだ。この客室乗務員はウルフさんたちが搭乗した行きの飛行機にも乗っており、ウルフさんたちのことを覚えていて親切にしてくれたという。

動画の最後には靴下と靴を履き、車イスでスピンをして遊ぶウルフさんが映っていた。そして車イスに乗ったまま空港の外に出ると、スッと立ち上がりウルフさんは自分の足で歩いて帰路についた。

この動画がウルフさんのTikTokアカウントに投稿されると、今月2日の時点で再生回数が170万回超を記録した。コメント欄には「実際にサポートを必要としている人に対して失礼過ぎる」「こういう人がいるから本当に必要としているが待たされることになるんだ」「車イス優先サービスもお金を取るようになるかもね」「因果応報でいつか自分に返ってくるよ」など冷ややかな声が多数届いている。

親切な空港スタッフや客室乗務員を騙すような真似をしたウルフさんだが、少しでも罪悪感を覚えていることを願いたい。

画像は『WolfJenko 2022年6月20日TikTok「Amazing what taking one sock off can achieve」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト