日本には、刑法で定められた刑罰として死刑が存在する。直近では2021年12月に3人の死刑囚の刑が執行されたのを覚えている人も多いだろう。しかし、死刑執行に立ち会う刑務官の仕事について想像したことがある人は、果たしてどれほどいるだろうか。

『刑務官が明かす死刑の秘密』一之瀬はち 著、竹書房)は、実際に死刑に立ち会った経験のある刑務官“マトバさん”に取材した内容を、漫画家一之瀬はちさんがまとめたノンフィクション漫画だ。「刑務官シリーズ」の5作目であり、各種メディアで話題を呼んでいる今作について、作者の一之瀬さんに話を伺った。

「もともと犯罪関連の話に興味があって、知り合いの刑務官の方に話を聞いていくうちに、外から見るだけではわからない事実があることに気づきました。話を聞く前は『ただ巡回しているだけの人』というイメージだったんですが、死刑に関わることもあるし、ほかにもいろいろな仕事をしていることを知ったんです。

 そこで担当編集者の佐藤さんに声をかけてもらい『じゃあ刑務所の話を描きましょうか』ということになりました」(一之瀬さん)

想像を絶する、刑務官の苦悩…

 本書では、死刑執行に使われる設備や刑務所の内情のみならず、知られざる刑務官の苦悩にも焦点を当てている。

 第6話で語られる「同僚M」の話は衝撃的だ。死刑囚の首にロープをかける感覚と似ているために車のハンドルを握れなくなり、うつとパニック障害を併発してしまったという。

「死刑はシステマチックに執行されるイメージがありますが、刑務官の方のお話を聞いていると、受ける側も執行する側もいろんな思いをもって臨んでいるんだなと。本で読むのとは違って、体温を感じます」(同前)

 一之瀬さんがマトバさんから聞いたエピソードの中で特に印象に残っているのも、刑務官のリアルな苦悩についての話だ。

「死刑執行に立ち会った刑務官は、その日執行が終わればすぐ家に帰れるんですけど『もらった手当を使いながら時間を潰して帰る』という人の話を聞いたときはびっくりしました。執行したことを家族に知られたら精神的に辛いし、家族に負わせたくないから生活の中に死刑を持ち込まないようにしているそうです」(同前)

 そんな重いテーマについて明かす刑務官の“マトバさん”について、一之瀬さんは「お話しされているときは淡々とした感じ」と話す。

「当たり前ですが、刑務官の方も人間なんですよね。普通の会社員と同じように働いている中で死刑があったり、懲役刑の人と接したりしていて、すごく難しい仕事だと思います」(同前)

なかなか知れない死刑の実情

 海外に目を向けてみると、国連加盟国ですでに死刑を廃止した国は半数を超えている。日本でもこれから議論が続いていくことは間違いないが、まずは「死刑を知る」ところから始めるべきなのかもしれない。

「漫画を描き始めた時は純粋な興味でしたが、死刑について考えるというテーマを皆さんに提示できたかなと思っています。死刑執行のニュースが少しでも心に引っかかる人には、死刑に賛成でも反対でも立場を問わずにぜひ読んでほしいです」(同前)

ふき出した血で刑場は地獄絵図に…刑務官が語る、死刑執行時にアイマスクをつける“衝撃の理由” へ続く

(「文春オンライン」編集部)

作中のマトバさん(左)と一之瀬さん(右) 『刑務官が明かす死刑の秘密』より