SNSが発達した今日、メッセージのやり取りは主要かつ気軽なコミュニケーション方法となっています。しかし気軽に相手に送ることができるゆえに送信する時間や内容は都度考える必要があります。

 今回は、TPOを全くわきまえずに連絡してくる知り合いに困らされた男性のエピソードを紹介します。

ペットショップに来た懐かしい人物

 今回お話を聞いた健太さん(仮名・29歳)は店長としてペットショップで働いています。彼の勤めるペットショップには利用客との交流用に店用のLINEアカウントがあり、気軽に相談などができることから利用客たちに人気なのだそうです。

 そんなある日の夜、店用のアカウントに、ある客からLINEの連絡が入りました。なんとそれは、大学時代に同じ学部で少しだけ交流のあった未菜さん(仮名・29歳)からだったそうです。

LINE
※画像は取材を元に編集部とライターにて作成(以下同じ)
「未菜ちゃんとはわりと仲が良かったんですが、大学を卒業してからはすっかり疎遠。互いの連絡先も知らなかったので、とても驚きましたよ」。彼女のメッセージによると、ペットを飼うためにペットショップを調べていたところ、偶然、健太さんの店を見つけたとのこと。健太さんは未菜さんがわざわざ連絡してくれたことを嬉しく思い、ペットについての相談について丁寧に答えたそうです。そして、近いうちに店を訪れるという約束をしてその日は終わったそうです。

営業中もお構いなしになり続ける通知

 翌日の営業中、健太さんに再度未菜さんからLINEの通知がありました。ペットに関する相談かと思い、通知を確認したところ、それは飲みの誘いだったそう。「文面になんだか違和感を覚えたんですよね。とりあえず、このまま店のアカウントでやり取りするのは嫌だったので、個人アカウントを後で教えるつもりでスルーしました」。

LINE

 しかし、仕事が終わって再びLINEの通知を見ると、未菜さんからのメッセージ通知が数十件を超えていました。お構いなしに連絡してきた未菜さんに、健太さんは引いてしまったそうです。

「正直なところ執拗すぎてちょっと怖かったんですが、『返事が遅くなったことの謝罪と飲み会へは行けない』ってことをちゃんと返信しました」

おさまらない要求に我慢の限界が…

 そこで一度言葉を切った健太さんは大きなため息をついて話を続けます。「俺の返信が画面に表示されてすぐに、未菜ちゃんの既読マークがついたんです」。そして、健太さんを待ち構えていたかのように未菜さんからLINEメッセージが即時送られてきたそうです。そこには、連絡が遅かったことや返ってきたメッセージが淡泊すぎると書き並べられていました。

 健太さんがやんわりと諭しても、未菜さんは駄々をこね続けたそうです。そして、最終的に「自分の気持ちを傷つけたことを謝ってほしい」と言い始めたのです。謝罪として要求されたのは、健太さんの個人アカウントを教えることでした。

LINE

「それまでのやり取りのこともあって、いい加減に我慢の限界だったので、この要求を続けるのであれば警察への相談も視野に入ること、これ以降の連絡を止めることを伝えました」。健太さんの毅然とした態度にひるんだのか、返信はピタリと止み、未菜さんからのそれ以降の連絡はなかったそうです。

自分だけじゃなかった…手当たり次第に連絡

 それから数か月後、ふいに友人から「未菜さんから連絡がなかったか」と聞かれた健太さん。その話から、どうやら未菜さんが手当たり次第に大学の知り合いに連絡を取ろうとしていたことを知ったそうです。

「未菜ちゃんがなぜそんな行動をとったのかはわかりません。でも、もしかすると寂しかったのかもしれないですね。まぁ、そのせいで俺は執拗にメッセージが送られてくる恐怖で少しトラウマになりましたけど…」と苦い顔で語る健太さんでしたが、最近ではペットショップの愛くるしい動物たちのおかげで癒されており、その後は穏やかな日々を送っているそうです。

 他者のことを考えずに送信されたメッセージは、時に相手に恐怖や不快感を覚えさせてしまうかもしれません。LINEなどのSNSメッセージを送信する際には、常に相手への配慮や常識を頭の片隅に置きたいものですね。

TEXTベルクちゃん>

【ベルクちゃん】

愛犬ベルクちゃんと暮らすアラサー派遣社員です。趣味は絵を描くことと、愛犬と行く温泉旅行。将来の夢はペットホテル経営です。よろしくお願いします

※画像は取材を元に編集部とライターにて作成(以下同じ)