2022年7月2日から続いていた、KDDI(au)の通信障害。翌日の3日になっても通信障害が続き、スマホタブレット等でのデータ通信だけでなく、通話もできない状態になっていたようである。

「まあまあ落ち着いて」なんて言えない

多くの利用者が不平、不満、不安を感じ、ブチギレ激怒の大炎上。ドコモソフトバンクユーザーの一部からは「そんなにおこらなくても……」との声も出ていたが、実際にスマホが使えない状態になれば、「まあまあ落ち着いて」なんて言えないかもしれない。

原稿の遅れはau通信障害のせい

そんな怒りがインターネット上で吹き荒れるなか、au通信障害を喜んでいた勢がいた可能性が浮上している。締め切りに追われている漫画家や作家、ライターたちだ。原稿を編集者に渡せない理由を「au通信障害のせい」にできるからのようだ。たとえば、人気漫画家小田原ドラゴン先生は以下のように話している。

小田原ドラゴン先生のTwitterコメント

「原稿遅れてる漫画家は通信障害でホッとしてるだろうな」(引用ここまで)

原稿の遅れを誤魔化していたライターや作家

かつて、まだインターネットで大容量データの送受信が難しかった時代、編集者に対して「しっかり原稿をディスクに保存したのですがデータが壊れてた!? まじすかー!! 今から持っていくとまた2時間後になります!!」などの言い訳をして、原稿の遅れを誤魔化していたライターや作家がいたのは事実。

編集者にはだいたいバレてる

今回のau通信障害の影響で原稿の遅れをバッチリ誤魔化せた漫画家ライターは何人ぐらいいるだろうか。しかし、うまく誤魔化せたと思っても、編集者にはだいたいバレてる。そういうものである。


※冒頭画像はフリー素材サイト『ぱくたそ』よりスマホが通信障害で使えないイメージ

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

KDDI通信障害でよろこぶ漫画家やライター続出か「原稿の遅れはau通信障害のせい」