店舗面積に比べて広すぎる駐車場や大きな建物など、なにかとスケールの大きい田舎町。ツイッター上では、田舎の大自然の中に存在する「絶叫系滑り台」が話題になっている。

【話題のツイート】これはとんでもない…


画像をもっと見る

■高台に設置された滑り台

滑り台

「田舎のスベリ台ナメてた…」とコメントを添え、約50秒の動画を投稿したのは、ツイッターユーザーのいきなり若旦那さん。高台に設置された滑り台をすべるのだが。

滑り台

最初はネットで囲われていたものの、突如むき出し状態に…。すると、左右に生えていた植物が滑り台コースに侵入し、行く手を阻んでくる。そこからは植物にバチバチと当たり、「痛い、痛い」と叫びながらすべっていくいきなり若旦那さん。

滑り台

ゴールを迎える頃には、全身植物まみれになりながら「地獄絵図や…」と言葉を残し、動画は終了するのだ…。


関連記事:オードリー春日、子供のちょっとした出来事で感動 「涙のラインがだいぶ下がった」

■ネットでは笑顔になった人が続出

いきなり若旦那さんの投稿にネットでは、「お腹抱えて笑っちゃった」「爆笑させていただきました。種が付くタイプの草ですね」といった具合に、笑顔になったというコメントが続出。

他には、「なにこれ楽しそう。やってみたい」「面白そうだなぁ」「ここまでハード滑り台とは! 人生で一度はすべらなあかんかな」などの声が寄せられるように、実際に挑戦してみたいという人も多く見られた。

■愛媛県に存在する滑り台

今回の投稿は、わずか数日で24万件を超えるいいねを獲得。話題となった滑り台は、愛媛県伊予郡砥部町の「神の森公園」に存在するという。

気になる人も多いであろう、すべった経緯について聞いてみると、「近くのピザ屋さんに寄った際に、偶然見つけたのでチャレンジしてみました。怪我はまったくないのですが、衣服とスネに植物がたくさん付いて、取るのに20分ほどかかりました」と説明するいきなり若旦那さん。


■気になるすべり心地は…

肝心のすべり心地については、「『思ってたやつと違う…』って感じでしたね。かなり長い滑り台でしたので、爽快感を期待していたのですが、軽い恐怖を感じました。あと、中盤くらいからお尻が痛くなります」と語ってくれた。

自然の中にポツンと存在する、いろいろな意味での「絶叫系滑り台」。気になる人は現地まで足を運んでみてはいかがだろうか。

【神の森公園】

愛媛県伊予郡砥部町総津117

・合わせて読みたい→楽しいはずの遊園地で「絶望」する2歳の娘 その理由がネットで話題に…

(取材・文/Sirabee 編集部・小野田裕太

愛媛の田舎に存在する「絶叫系滑り台」が話題 とんでもない作りに衝撃走る…