カリフォルニア州モントレー湾のラバーズ・ポイント・ビーチ(Lovers Point Beach)にて6月22日、遊泳中の62歳男性が世界最大級とみられるホオジロザメに襲われた。男性は重傷を負ったが、近くにいた勇敢なサファーらに救出され、奇跡的に回復の兆しを見せているという。『TODAY』『Metro』などが伝えた。

多くの海水浴客でにぎわう米モントレー湾のラバーズ・ポイント・ビーチ(Lovers Point Beach)で先月22日午前10時半すぎ、約137メートル150ヤード)沖合で遊泳中だったスティーブ・ブリューマーさん(Steve Bruemmer、62)が突然サメに襲われた。

スティーブさんは腹部や脚、腕などに重傷を負ったものの、動脈や骨、臓器などへの損傷はなく、近くにいた人々によって救出された。

救出の一部始終はその場にいたケビンフィリップスさん(Kevin Phillips)が動画で収めており、画面左端に助けを求めるスティーブさんの姿が確認できる。

するとそばでパドルボーディングを楽しんでいた警察官のポール・バンディさん(Paul Bandy)と看護師エイミージョンズさん(Aimee Johns)夫妻が駆けつけて、スティーブさんの身体を支えた。

エイミーさんは、現場の緊迫した様子をこのように振り返っている。

「私はスティーブさんの無事だった方の腕を引っ張り上げ、夫がサメに噛まれた腕を持ち上げました。脚の傷が明らかにひどく、骨が完全に見えていました。」
「損傷のほとんどは、身体前面のお腹のあたりでしたね。」

そして子供たちにサーフィンを教えていたインストクターヒース・ブラドックさん(Heath Braddock)が子供たちを安全に岸に上げた後、サーフボードを2枚持って急いで現場に駆けつけた。

ヒースさんは事故に気付いた時の状況について、このように明かした。

スティーブさんは約91メートル300フィート)沖合にいました。多くの海水浴客が狼狽し、『サメだ!』と叫んでいましたよ。こういう時、ほとんどの場合はイルカでサメのケースはほとんどありませんから。」
「でもスティーブさんは必死に助けを求めて叫び続けていました。そして彼の周りに血の海が広がっているのを見て、本当にサメだったことが分かったんです。」

こうして駆けつけた3人は協力してスティーブさんをサーフボードに乗せると、ヒースさんの足首を掴ませて彼の先導で岸に向かった。

ヒースさんらが浅瀬までやってくると、さらに数名が力を合わせてスティーブさんを砂浜に引き上げ、止血バンドを巻いて応急処置を施した。スティーブさんは大量に出血しており、周囲の水はどんどん赤く染まっていく。

その後、スティーブさんは駆けつけた救急隊によってナティビダッド医療センターに搬送され、2時間の手術を受けた後は奇跡的に命を取り留めたそうだ。

サメに襲われたスティーブさんは、のちに「サメに襲われたのは不運だったが、その後はかなりの幸運に恵まれていた」として以下のように語っている。

「その日はとても穏やかで暖かく、ビーチは混雑していました。海に波もなく、穏やかだったので『助けて!』という私の声が遠くからでも聞こえたのでしょう。」
「3人の救助者が私をサーフボードで岸まで運び、その日ビーチにいた医師や看護師らとともに私に止血帯を付け、救急車への搬送を助けてくれました。」
「とんでもない量の出血もしていたようですが、色々な幸運が重なったようです。」
「もし、あの日が荒天だったら、彼らに私の声が届くことはなかったでしょう。本当に幸運でした。もし何か一つでも良くない方向に動いていたなら、私は失血死していたことでしょう。」

後日、カリフォルニア州魚類野生生物局がスティーブさんの噛み傷を調査した結果、ホオジロザメであることを断定した。また専門家らは、このホオジロザメの体長は最大級にあたる約6メートル(20フィート)と推定している。

もしスティーブさんを襲ったサメが6メートル級であれば、メキシコのグアダルーペ島沖で姿が確認された2.5トン、6.1メートルホオジロザメ“ディープブルー(Deep Blue)”に匹敵するという。

スティーブさん襲撃の後にビーチは立ち入り禁止となり、モントレー消防署はドローンによるサメの捜索を行ったが、その姿は確認できなかったそうだ。

画像は『TODAY 2022年6月24日付「Man attacked by shark speaks out after good Samaritans helped save him」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト