スクウェア・エニックスディオフィールドクロニクル9月22日(木)に発売すると発表した。あわせて、本作の体験版8月10日(水)より配信することが明らかにされている。

 『ディオフィールドクロニクル』はスクウェア・エニックスが贈る完全新作のシミュレーションRPGとして、3月10日(木)に発表された作品だ。ファンタジー、中世、現代を融合した独特の世界設定ベースに、戦火の広がる大陸の近海に浮かぶ「ディオフィールド島」を舞台とした物語を描く。

 ディオフィールド島の自然や文化を細部まで描いたリアルな表現を軸としつつも、本作ならではのジオラマ風の質感を融合。美しさと視認性を両立した戦場の表現を実現している。

シミュレーションRPG『ディオフィールドクロニクル』9月22日発売決定1
(画像は『ディオフィールドクロニクル』公式サイトより)

 ストーリーの中心的存在は傭兵団ブルーフォックスバトルシーンではリアルタイムに状況が変化していく中、各部隊に的確な指示を行いながら作戦の遂行を目指す。部隊ごとに選択して移動や攻撃の指示を行えるほか、状況によっては全部隊に対して一斉に指示を出すことも重要になるという。 

 盾役となる部隊に敵の攻撃を受け止めさせ、別動隊で背後から攻撃するバックアタック、武器や兵科ごとに用意されたスキルを活用する戦略的なプレイングが楽しめる。また、敵を撃破し「TPゲージ」を溜めることで広範囲にダメージを与えるバハムート」を召喚するなど非常に強力な効果を発揮する特殊アイテム「魔煌玉」も利用可能となる。

 ゲーム中には敵視を集め味方を守る「歩兵」や高い機動力で敵をかく乱することに長けた「騎兵」、遠距離攻撃に特化した「狙撃兵」、味方のサポートを得意とする「魔術兵」の4種類の兵科が登場。それぞれの特徴を活用し、連携を取って勝利をつかみ取ろう。

シミュレーションRPG『ディオフィールドクロニクル』9月22日発売決定2
(画像は『ディオフィールドクロニクル』公式サイトより)

 傭兵団の拠点ではメンバーと会話したり、集めた素材から武器を開発したり、「勲功」を使って各兵科を強化したりといったミッションの準備を行うことができる。部隊のステータスを決める「リーダー」と、使用可能なスキルを追加する「副官」を軸に自分なりのチームを築き上げていくといった形だ。

 『ディオフィールドクロニクル』はNintendo SwitchPS4PS5Xbox OneXbox Series X|S、PC(Steam)向けに9月22日(木)より配信開始。また、7月7日(木)まではゼノブレイド2Fate/Grand Orderなどにも参加し、本作のキャラクターデザインを担当したイラストレータータイキ氏のサイン入りB1ポスターセットが当たるキャンペーンも開催中だ。

 くわえて、7月7日(木)からはスクウェア・エニックス e-STOREにて、本作の世界を味わえるボードゲームが付属したコレクターエディションの予約もスタートするとのこと。詳細については『ディオフィールドクロニクル』の公式サイト公式Twitterアカウントなども参照されたい。

『ディオフィールドクロニクル』公式サイトはこちら『ディオフィールドクロニクル』公式Twitterアカウントはこちら