文=鷹橋 忍

JBpressですべての写真や図表を見る

流人時代の頼朝を支えた腹心

 大河ドラマ鎌倉殿の13人』の第25回「天が望んだ男」では、野添義弘演じる安達盛長が、落馬した源頼朝に「佐殿!」と呼びかけ、視聴者の胸を打った。

 常に付き従い、時には困惑しつつも頼朝を温かく見守る盛長は、視聴者にすっかりお馴染みであるが、盛長自身の物語は、今のところドラマではあまり語られていない。

 そこで今回は、安達盛長とその子孫たちを取り上げたい。

 盛長は、保延元年(1135)に誕生した。頼朝より12歳、北条義時より28歳年上である。

 その出自であるが、三河国宝飯郡小野田荘(愛知県豊橋市賀茂町)の小野田氏を祖とするともいわれるが、武蔵国足立郡出身とする説もあり、定かでない。大野泰広演じる足立遠元は、盛長の甥ともいわれる。

 また、安達盛長の名で知られるが、鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』、『曾我物語』(曽我兄弟の仇討ちを中心に構成された軍記物語風の伝記物語)、『平家物語』の異本の一つ『源平盛衰記』などでは「藤九郎盛長」と記されている。

 藤九郎とは、「藤原氏の九男」の意味だという。安達の名字は陸奥国安達荘(福島県二本松市)からきており、盛長は文治5年(1189)の奥州合戦後に、この地を手に入れたと考えられるという(細川重男『頼朝の武士団』)。

 盛長の妻は、頼朝の乳母である比企尼の娘・丹後内侍だ。丹後内侍は、京都で二条天皇に仕え、和歌にも長じていたといわれる。

 盛長が伊豆に配流となった頼朝に仕えたのは、妻の母である比企尼の意向を受けたからだという(『吉見系図』)。

 伊豆での盛長は、頼朝と同居、あるいは、ごく近くで暮らしていたと思われる(山本みなみ『史伝 北条義時』)。盛長は、頼朝が挙兵するまでの20年間を、本当に身近で支えたのだ。

頼朝死後は出家して、蓮西と名乗る

 頼朝は治承4年(1180)8月の挙兵に際して、近辺の源氏累代の家人たちに協力を求めるために、腹心の盛長を使者として派遣している。

 石橋山の合戦で頼朝軍が大敗すると、盛長も頼朝とともに房総半島へ逃れた。

 頼朝は、岡本信人演じる下総国の千葉常胤を味方に付けるために使者を送っているが、ここでも使者を任されたのは盛長であった。

 頼朝が鎌倉に武士政権を樹立すると、盛長も鎌倉の甘縄に居を構えた。これは安達氏代々の邸宅となる。

 頼朝は、甘縄の安達邸をたびたび訪れているのだが、やはり流人時代を支えてくれた盛長は、心を許せる特別な存在だったのだろうか。

 また、盛長の娘は、迫田孝也が演じた頼朝の異母弟・源範頼に嫁いでいる。

 建久10年(1199 4月27日に正治に改元)正月に頼朝が急死すると、盛長は出家して、蓮西(れんさい)と名乗った。

 金子大地演じる頼朝の嫡子・源頼家が二代目鎌倉殿となると、十三人の合議制のメンバーにも選ばれている。

 同年8月に、頼家が盛長の長子・安達景盛の愛妾を奪ったうえ、景盛の討伐を命じたが、頼家の母・政子に阻止されたという、安達景盛討伐未遂事件が勃発した。

 この事件により、頼家に不満を抱くようになったのか、頼家の側近である中村獅童演じる梶原景時の弾劾に、盛長は積極的に行動している。

 その盛長も翌正治2年(1200)4月26日、この世を去った。享年66、この時代においては長寿の部類だろう。

 その後、かつては頼朝のもとで力を合わせた御家人たちが、血で血を洗う抗争を繰り返すことになるのを知ったなら、盛長は悲しんだだろうか。

 

二人の執権を産んだ松下禅尼

 最後に、盛長の孫にあたる松下禅尼をご紹介しよう。

 松下禅尼は、北条氏と安達氏を結ぶ重要な人物である。

 先述の盛長の長子・安達景盛は、娘を坂口健太郎演じる三代執権・北条泰時の子である、北条時氏に嫁がせている。景盛の娘は夫・時氏が寛喜2年(1230)に28歳で病死したのちに出家し、松下禅尼と呼ばれるようになった。

 松下禅尼は、北条経時、時頼、為時らを産んでおり、経時が四代執権、時頼が五代執権となっている。

 夫の死後は、実家である鎌倉の甘縄邸(安達邸)に、居住していた。次男・時頼を甘縄邸に迎えた際に、自ら障子の破れを切り張りし、倹約の大切さを教えたという『徒然草』の記事は、よく知られている。

 この時頼の子で、松下禅尼の孫にあたる北条時宗は、甘縄邸で生まれ、やがて八代執権となり、未曾有の国難・蒙古襲来に立ち向かうのだった。

安達盛長ゆかりの地

●放光寺

 埼玉県鴻巣市糠田に建つ、安達盛長が創建したと伝わる古刹。

 伝承によれば、盛長の所領と館が糠田にあり、祈願所として放光寺を建てたという。

 放光寺には、盛長の肖像と伝わる木像「木造安達藤九郎盛長坐像」(埼玉県指定有形文化財)が残っている。木像は寄木造り玉眼入りで、出家後の姿とされる。

 

●安達藤九郎盛長の墓

 静岡県伊豆市修善寺にある安達盛長の墓は、以前は娘婿である源範頼の墓の近くにあった。生前、盛長は範頼と親しく、分骨して自分の墓を範頼の墓近くに建てさせたと伝えられている(成迫政則『武蔵武士(続)』)。

 安達盛長の墓は道路工事に伴い、現在の場所に移設された。

 

●無量寿院跡

 鎌倉では谷を「ヤツ」、または「ヤト」と称す。現在、鎌倉歴史文化交流館が建つ谷・無量寺谷も「むりょうじがやつ」と読み、安達氏の菩提寺である無量寿院や、安達邸があったと考えられている。

 平成14年(2002)に行われた敷地内の発掘調査では、鎌倉時代後期と推定される池の跡や、池の手前に礎石をもつ建物の跡も見つかり、これらの遺構も、安達氏に関連する可能性があるという。

 無量寺谷には、安達氏の夢の跡がまだ眠っているのかもしれない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  『鎌倉殿の13人』主人公・北条義時の前半生と、源頼朝との関係

[関連記事]

『鎌倉殿の13人』北条氏最大のライバル・比企能員の生涯と一族の運命

『鎌倉殿の13人』鎌倉武士の鑑と称された畠山重忠の生涯と二俣川の戦い

鎌倉の甘縄神明神社は盛長の屋敷跡とされたが、近年の研究では扇ガ谷の無量寺谷付近と考えられている 写真=PIXTA