タレントの新山千春さんもマッチングアプリ一般人の彼氏を見つけたとニュースになる昨今。すっかり定番の出会いツールになりました。しかし、なかなかお相手の過去まではわからず、トラブルに発展するケースも多いようです。

マッチングアプリ
画像はイメージです(以下同じ)
 都内でエンジニアの仕事をしている佐藤優里亜さん(仮名・27歳)は、マッチングアプリで出会った男性と付き合い、結婚まで話が進んだそうです。が、半年もたたないうちに別居生活に突入してしまったとか。

「27歳で結婚しなきゃ」とあせっていた

 佐藤さんは普通の家庭に育ち、自分は30歳になるまでには結婚して子どもを生んでいると考えていたそうです。

わたしは福島の出身なのですが、地元では子どもを生む同級生も増えはじめていました。都会では晩婚が普通になっていますが、20代のうちには結婚して子どもを産まなきゃって漠然と思っていて……。

 東京ならいくらでも出会いがあるものだと思っていたのですが、実際は仕事場と家を往復する毎日。そんななか、出会いを求めてマッチングアプリを使って、気の合う人を探していたんです

この人となら結婚してもいいかな

デート

 マッチングアプリを初めてすぐに何人かの男性と連絡を取るようになり、実際にご飯に行ったという佐藤さん。そのなかでも、音楽の趣味もあった男性と交際をスタートさせました。

「実際に使ってみたら、既婚者だったり、独身でもすぐにホテルに行きたがる人が多く、嫌気が差していました。でも、貴文(仮名)は陽気で、話していて楽しいなと感じたんです。付き合ってからも、優しいしすぐに手を出してこないから安心して、この人となら結婚してもいいかなと思っていました。

 給料が高いわけではないですが、名前を聞いたことがある会社でしたし、当時は安心していました」

交際半年で結婚に。しかし…

婚姻届 結婚

 交際してほどなくして佐藤さんも本気で結婚を意識するようになったそうです。そして意外に早く願望が叶うことになりますが……。

私の結婚したいオーラを察したのか、付き合って半年でプロポーズされました。彼以上の人は見つからないだろうなと思い、受けることに。いま思えばもっと考えるべきだったと反省しています。デートしているときからお金に細かいというかセコいところがあって、当初は倹約家で一緒にしっかりとした家庭を築けそうだなと考えていたのですが……」

 どこか引っかかるところがあったものの、お互いの価値観の違いくらいに考えていたという佐藤さん。しかし、現在に至るまでの伏線がいくつかありました。

「お互いの両親にも会って、結婚の準備を進めたのですが、結婚式は挙げませんでした。彼の地元は大阪だったのですが、コロナ禍で親戚を東京に呼ぶわけにもいかないという話になったんです。私もとにかく結婚さえできればよかったので、式やドレスにこだわりはありませんでしたから

預貯金ゼロ。彼の通帳を見て驚愕!

 今後の貯金なども考えて、「結婚指輪も10万円くらいのものでいいか」と言われた佐藤さんは特にごねることなく「いいよ」と了承したそうです。2人の結婚生活は、彼の家で始めることになりました。幸せな生活もつかの間、たまたま彼の通帳を見てしまったことで事態は急変します。

「探しものをしている時に、偶然彼の通帳を発見したんです。夫婦ですし、何の気なしに開いたら、なんと残高がゼロ円。はじめは、通帳を何個か持っているのかと思いましたが、記載を見ると給料も振り込まれているメインの口座でした。さすがにおかしいと思い、部屋を探したら、彼のカバンからキャッシングローンなどの明細が出てきたんです

 なかには限度額までローンを借りている明細もあり、佐藤さんはすぐに彼を問い詰めたようです。

「実は、わたしと付き合う半年くらい前から、オンラインカジノや競馬にハマっていたようです。コロナ禍テレワークが多くなって、ついついスマホでできるギャンブルを見つけてハマったとか」

その場で離婚を切り出した

借金 告白

「それまではパチンコもしたことがなかったけど、暇な時間も増えてプレイする時間も多く、特にネット決済で全て完了できるので辞められなかったそうです。結局、結婚した後に200万円近くの借金を抱えていることが判明しました

 倹約家だなと思っていた彼は、実はギャンブルで単純にお金がなかっただけだったとか。

「過去のあやまちなら許せたのですが、スマホを取り上げたら、その朝にもギャンブルをしていたことがわかり、その場ですぐ離婚させてくださいとお願いしました。まだ離婚届は書いてもらえていませんが、いまは別居して話し合いを続けています」

=====

 結婚相手を選ぶなら焦りは禁物。まずは相手をよく知り慎重になることがなにより大切なのでしょう。

TEXT/高橋マナブ イラストzzz(ズズズ)@zzz_illust

ー特集 実録!私の結婚トラブル

【高橋マナブ】

1979年生まれ。雑誌編集者→IT企業でニュースサイトの立ち上げ→民放テレビ局で番組制作と様々なエンタメ業界を渡り歩く。その後、フリーとなりエンタメ関連の記事執筆、映像編集など行っている