ヒット中の「トップガン マーヴェリック」のイベント7月3日、都内で行われ、クルーズの通訳を長年務めた戸田奈津子氏、日本語吹き替え版でクルーズの声優を務める森川智之、本木雅弘と内田也哉子夫妻の長男でモデルのUTAが登壇した。

【動画】イベントで披露されたトム・クルーズからのメッセージ映像

公開から1カ月を迎えた本作は、日本では累計興行収入が70億円を突破し、2020年以降(コロナ禍以降)に日本で公開された実写映画のNo.1を記録。全世界でも世界興行収入が10億ドルを突破し、公開から1カ月で全米歴代映画興行収入ランキング15位まで上り詰めている。

この日はクルーズの60歳の誕生日であり、同日に86歳の誕生日を迎えた戸田氏は「たまたまトムとお誕生日が一緒なものですから、このようなイベントを催していただいて、トムに感謝でございます」と挨拶。誕生日には毎年必ずクルーズから花が届くといい、今朝はプレゼントとして花とエルメスのスカーフが届いたそうで、黒の服に映える鮮やかなスカーフを披露した。

先日クルーズが来日した際には、クルーズの通訳を務めてきた戸田氏が不在だったことが話題に。戸田氏はその経緯について「もうトムの通訳を30年近くやってきましたけど、トムはいつもやること全てに熱心でしょう? 彼はいつも200%の力を出す人で、そんな彼を通訳しているのね。でも、この年になってパッとうまく通訳できなくなったら、もし私が100%の力でしか応えられなかったら、常に200%の力を出しているトムに申し訳ないなと思ったんです。それで来日の1カ月前くらいには『(日本に)来る』という連絡はきていたんですが、その時に今回は通訳を降ろしていただきたい、と連絡したんですね。そしたら、かなりびっくりしてましたけど、状況を説明したら理解してもらえて、そして今回は辞退しまして…(笑)。でも、来日時は(プレミアに参加して)、楽しい時間は過ごすことができました」と説明。

さらに、「記者会見の時、いつも手を取って壇上から降ろしてくれたり本当に光栄だと思いましたし、通訳の時も訳しやすいように言葉を切ってくれたり、なんであんなに優しくしてくださるのかわからないけれど、トムは本当に優しい方です」とクルーズの人柄を紹介すると、同じく本作の記者会見レッドカーペットに顔を見せていた森川も「僕はトムとは数える程しかお会いしていないですが、思い出といったら……トムのファンサービスのすごさですかね。本当に世界一だと思います。あとは、以前新宿の歌舞伎町ジャックして8月の炎天下の中、2~3時間のレッドカーペットを歩いたときなどは汗一つかいていなくて。しかもですよ、そんな鍛え抜かれたスーパースターの隣に戸田さんがずっと付いていらっしゃって、逆に戸田さんの方がすごいんじゃないかなと思いました!」と振り返る。

その後、本作のキャラクター、ルースターと同じ世代の代表として、UTAがバースデーケーキを持って登場。UTAから「字幕は字数の制限がある中で、どこにポイントを置いて翻訳しているのですか?」と質問された戸田氏は、「字幕の字数は限られていますから、セリフの全部は訳せないです。たまに直訳していると思っている方がいるのよ。でもそうじゃないんですね。一番重きを置いているのは、その人の気持ちが一番出るセリフを訳すこと。訳が合ってる、合ってないとかそういうところを批判する人がいますが、一番重要なのは、感情的にちゃんと訴えられる日本語(になっていること)を心掛けていますね」と答えた。

イベントではクルーズからのビデオメッセージも披露された。最後に、戸田氏は「この映画、まだ公開して1カ月しか経っていないのにリピーターすごいんですよね。海外では『トップガン何回観た?』っていうのが挨拶になっているんですって。それくらいの映画ってないし、大画面で観るべき映画という念願を実現したトムは本当に素晴らしい。私は彼と比べようもありませんが、一つ共通しているのは、映画が好きだということです。彼は本当に映画が好きだし、作ることが好き、その点で私は末席ながら同じ情熱を共有しているわけで、本当にこのトムの成功をおめでとう、と言いたいです」と祝福のメッセージを送った。

イベントの模様 (C)2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.