イメージ画像

画像はイメージ

不倫した相手を再び信じることは難しい。再構築と離婚、どちらを選んだとしても、不倫された側の心の傷がなかったことになる訳ではない。キャリコネニュースには、不倫で傷ついた読者の声が寄せられている。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは不倫をテーマアンケートを実施中です。回答はこちらから https://questant.jp/q/TX9IZBNW

妻が実家に帰ってる間、夫が不倫相手と同棲

40代の女性(パートアルバイト)は、「仲良し夫婦で有名だったのに、旦那に5年間不倫されてた」と明かす。

「(不倫)相手と直接会って、関係を清算するならばと再構築を決めたが、1か月後、まだ続いてることに気づき……。『もう今度こそしない』と土下座されたが、4か月後また連絡を取っていた。結局子どものために再構築中」

子どものことを考え再構築した女性だが、何度も水面下で関係を続ける夫を信用することはできないだろう。

専業主婦の40代女性は、不倫した夫と現在離婚の話し合い中だという。

「実家に1か月帰ってる間、自宅で(不倫相手と)同棲されてた。本当に最悪。その後もその女と続いていて、揉めに揉めてとにかく大変だった。それからもずっといろんな女と不倫していたようだが、もう放置」

たくさんの不倫相手がいた夫に愛想を尽かした女性は、「ようやく結婚20年目にして今、離婚話し合い中です」と綴っている。

不倫がバレて土下座までした夫 4ヶ月後にまた女と連絡をとっていた