ロシアウクライナとの戦争の長期化が懸念されるなか、それでも仏の歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏が「ロシアは国際社会にとって脅威ではない」と語る理由とは?

 トッド氏の新刊『第三次世界大戦はもう始まっている』より一部抜粋してお届けする。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

第二次世界大戦より第一次世界大戦に似ている

 我々はすでに「世界大戦」に突入してしまいました。そして戦争の歴史によく見られるように、誰もが予測していなかった事態が、いま起きています。

 先日、ドイツの財界人や経営者が読む『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』紙に、「この戦争は1914年と1939年のどちらと比較すべきか?」という見出しの記事が出ていました。要するに、この戦争を「第一次世界大戦」と「第二次世界大戦」のどちらのアナロジーで捉えるのが適切なのか、と問いかけているわけですが、私自身は「第一次世界大戦」の方が近いと考えています。

 ロシアによるウクライナ侵攻が始まった時、おそらく多くの人々は、第二次世界大戦電撃戦のような戦争を想像していたことでしょう。しかし実際は、戦争の進行は遅く、むしろ第一次世界大戦のようになりつつあります。

 もちろん第一次世界大戦の時も、人々は、「短期決戦」で片がつくと思っていました。ところが実際は、誰も想定していなかったことが起きたのです。

 予想に反して、フランス軍がドイツ軍による攻撃を食い止めました。そこでドイツ軍は北海方面へと突き進み、4年にわたる「長期戦」が始まってしまったのです。

 第一次世界大戦は、少なくとも西部戦線においては、はっきりとした軍事的勝利によって終結を迎えたわけではありません。連合国のイギリスと、とくにフランスが「兵糧攻め」にしたことによって疲弊したドイツが、精神的にも崩壊し、第一次世界大戦はようやく終わりを告げたのです。

 ではいま、何が起きているのでしょうか。軍事的な側面と経済的な側面の2つの面から分析できるでしょう。

軍事面での予想外の事態

 我々は、まず軍事面で驚かされました。

 人々は、「2014年クリミア制圧や親露派によるドンバス地方の一部掌握の時のように、ロシア軍は、ウクライナ軍をあっという間に潰してしまうだろう」と思っていました。しかしすぐに明らかになったのは、ロシア軍はそれほど強力でも有能でもなかったことです。アメリカイギリスによって増強されていたウクライナ軍も、誰も予想していなかったような粘り強い抵抗を見せました。

 我々は、想像していたのとはまったく異なる事態を目の当たりにしているわけです。それだけにこの先も、どうなるのか分かりません。ドンバス地方での攻防がどうなっていくのかも見通せません。いずれにしても、ロシア軍の軍事作戦がスムーズに進むことはなく、おそらく長期戦になるでしょう。

 逆に言えば、ウクライナでのロシア軍の無力さは、「ロシアは西欧にとって何の脅威でもない」ことを示しているわけです。ロシアウクライナを征服できなければ、ポーランドドイツを征服することなどあり得ません。自国の国境に対するロシアの懸念にさえ理解を示せば、それ以外の意味において、ロシアは国際社会にとって脅威ではないのです。

経済面での予想外の事態

 そして経済面でも、人々の予想は裏切られました。

ロシアは、経済的に弱体化した貧しい国なので、ヨーロッパによる経済制裁に耐えられないだろう」と見られていました。

 ところが、侵攻から1カ月以上経って明らかになったのは、「ロシア経済の耐久力」です。ロシア通貨ルーブルの相場は、いったんは暴落したものの、現在はほぼ通常レベルにまで回復しています。さらに戦争勃発時にロシアから逃げだした多くのロシア人も、再び国に戻ってきています。

 さまざまな情報を見ていると、「ロシアの人々も戦争に慣れ始めたのだ」と感じられます。

 アメリカヨーロッパは、経済制裁によって、プーチンの支持率が下がることを期待していました。ところが、そうはなりませんでした。軍事的に困難な状況のなかで芽生える愛国主義──これはよく見られることです──に支えられ、むしろプーチンの支持率は上昇し、おそらく80%程度にまで達しているでしょう。

 要するに、我々が目の当たりにしているのは、軍事的にも経済的にも、意外にも“比較的安定した”状況で、この「世界戦争」が長期的なものになることを示唆しています。

 その意味でも、今次の戦争は、「第一次世界大戦」を彷彿とさせるのです。さらに、本質においてはイデオロギーや思想をめぐる対立でない点でも、「第二次世界大戦」よりも「第一次世界大戦」に近いと言えます。

正しかったミアシャイマーの指摘

 2022年3月23日インタビューで、私は、アメリカの戦略的現実主義者の論客ミアシャイマーの議論に言及し、彼の見立てに大方同意しながら、批判も加えました。

 それから1カ月近く経過したわけですが、この間の推移を見ていると、前回述べたことはすべて有効であることが明らかになってきたように思います。

 私が同意したミアシャイマーの第一の見解は、「いま起きている戦争の原因と責任は、アメリカNATOにある」ということ、つまり、ウクライナが“事実上”(de facto)のNATO加盟国になっていたからこそ、ロシアは、強大化していたウクライナ軍を手遅れになる前に叩き潰そうと決断した、という指摘です。

 私が同意した第二の見解は、「ウクライナ側の軍事的成功と、ロシアが陥っている困難な状況を、われわれ西側の人間は、手放しで喜んでばかりはいられない」というものです。その上でミアシャイマーは、「この問題は、ロシアにとって『生存をかけた死活問題』である以上、ロシアは困難な状況に陥ることで、さらに攻撃的、暴力的になるだろう」と予測していました。

 現状を見るかぎり、すべて彼の予測通りに事態は進んでいます。戦闘は、ますます容赦ないものとなり、ロシアは、この戦争にますます深くのめり込んでいるからです。

米国は戦争にさらにコミットする

 しかし私は、一点においてミアシャイマーを批判しました。

ロシアアメリカNATOよりも決然たる態度でこの戦争に臨むので、いかなる犠牲を払ってでもロシアが勝利するだろう」と彼は予測しました。この問題は、ロシアにとって「死活問題」である一方、アメリカにとっては「地理的に遠い問題」「優先度の低い問題」で「死活問題」ではないからだ、と。

 しかし私は、そうではないと考えました。これでもしアメリカロシアの勝利を阻止できなかったら、アメリカの威信が傷つき、アメリカ主導の国際秩序自体が揺るがされることになるからです。そうである以上、この問題は、アメリカにとっても「死活問題」になる、と私は考えたわけです。

 この一カ月の事態の推移によって、ミアシャイマーの指摘の大部分だけでなく、彼に対する私の批判もまた有効だったことが証明されたように思います。

 いまアメリカロシアの軍事的失敗を喜んでいるのは、明らかです。

 ロシアに対する経済制裁によって、ヨーロッパ経済、とくにドイツ経済が麻痺していくことについても、ひそかに満足感を味わっていることでしょう。

「日本が核を持つことは、世界にとっても望ましい」エマニュエル・トッドが語った“この国の平和を守る”唯一の方法 へ続く

(エマニュエル トッド/文春新書)

エマニュエル・トッド氏 ©文藝春秋