メイン画像

きょう5日午前9時台風4号は九州北部付近で温帯低気圧に変わりました。3日降り始めからの雨量が宮崎県日南市鹿児島県肝付町で300ミリを超えるなど、これまでの大雨で地盤が緩んでいる地域があります。台風は弱まりましたが、もうしばらく土砂災害などに警戒・注意して下さい。

3日からの雨量

台風4号は、けさ午前6時前に長崎県佐世保市付近に上陸し、午前9時に九州北部付近で温帯低気圧に変わりました。

九州では台風の接近前から大雨となり、3日の降り始めからきょう5日午前10時までの総雨量は、宮崎県日南市深瀬で321.0ミリ(平年7月の約61%)、鹿児島県肝付町の内之浦で302ミリ(平年7月の約82%)と300ミリを超えました。特に、九州の太平洋側で200ミリを超えた所が多くなっています。

また、けさは台風本体の活発な雨雲がかかり、長崎県雲仙市や福岡県大牟田市熊本県荒尾市では1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り、記録的短時間大雨情報が発表されました。

午後も一時雨脚強まる所も

画像B

台風4号から変わった温帯低気圧の発達した雨雲が大分県付近を通過しています。

午後も台風の湿った空気が残るため、九州は所々で一時雨や雷雨となり、大分県鹿児島県は夕方まで局地的に雷を伴い激しい雨が降るおそれがあります。

これまでの大雨で、地盤が緩んでいる所があります。少しの雨でも土砂災害が起こるおそれがありますので、警戒・注意して下さい。
増水した川や用水路などには、近づかないようにしましょう。

また、沿岸海上は風がやや強く、うねりを伴い波が高い所が多いですので、引き続きご注意下さい。

土砂災害の危険度

画像C

5日、午前10時50分現在の土砂災害の危険度です。

大分県南部から宮崎県鹿児島県大隅地方で、土砂災害の危険が注意や警戒になっています。雨が弱まっても、もうしばらく土砂災害に警戒して下さい。

九州 宮崎や鹿児島は総雨量300ミリ超も 台風弱まっても土砂災害に警戒