「名は体を表す」という言葉があるが、ときにはその「名前」そのものに疑問を感じてしまうシチュエーションも少なくない。以前ツイッター上では、とあるスーパー店舗で発見した「商品名」にツッコミの声が寄せられていたのだ。

【話題のツイート】きみ、よく見ると名前がおかしくない…?


■スーパーで奇妙な商品を発見

注目を集めていたのは、ツイッターユーザー筋トレ大学生さんの投稿した一件のツイート

「新しいタイププロテイン見つけた」という書き出しから始まる投稿にはスーパー店頭で撮影したと思しき写真が添えられており、商品と値札の様子が確認できる。

商品名は「プロテイン」と表記されているのだが…なぜか筋トレ大学生さんは「確かにタンパク質たくさん含んでいるけど、あなた世間一般的にはきな粉って言われてるやつじゃないの?」と、意味深な文章を綴っていたのだ。


関連記事:杉浦太陽&辻希美が“ラブラブ”バレンタイン 手作りケーキに「だいすき」

■「これは間違いなくきな粉」

プロテイン(いりだいず粉)

こちらの商品「プロテイン」の値札を見ると、そこには「滋賀県産鶴の子大豆を細かく粉砕しました。じっくり焙煎を行ない、大豆の甘味・旨味を引き出しております」という説明が記されていた。

なお、農林水産省公式サイトでは「きな粉の作り方」について「きな粉は、大豆を煎って粉砕したものです」と説明しており、やはりこちらの商品「プロテイン」は、きな粉そのものであるように思われる…。

件のツイートは投稿からわずか数日で2万件以上ものRTを記録しており、他のツイッターユーザーからも「この理論だと豆腐もプロテインになりそう」「これは間違いなくきな粉では…」「砂糖を混ぜてお餅に振りかけたいタイププロテインだな」といったツッコミの声が多数寄せられていたのだ。

なお、今回話題となった商品「プロテイン」をよく調べてみると…。

■発見時の様子がシュールすぎる

アカウント名の通り、日頃からトレーニングに励んでいる筋トレ大学生さん。今回話題となったツイートの写真は千葉県内にある某スーパーにて撮影したものだという。

トレーニングを愛好する人物は、誰しも「プロテイン」の5文字に目が引き寄せられてしまう習性があるかと思うが、筋トレ大学生さんは発見時の様子について「どこからどう見てもこの商品はきな粉なのに、プロテインという商品名でびっくりしました」と振り返っている。


■気になる「プロテイン」の詳細は…

プロテイン(いりだいず粉)

なお、こちらの「プロテイン」は乾物の製造・販売を行なうメーカー「カドヤ」の商品であることが判明しており、商品の詳細や商品名決定の背景について同社に問い合わせてみたが、残念がら回答は得られなかった。

同社公式サイトを見ると正式名は「プロテイン(いり大豆粉)」と表記されているほか、「相性の良い牛乳・ヨーグルトアイスクリーム等と御使用下さい。お好みにより、ハチミツ等(甘味)を加えますと、一層おいしく召し上がれます」などの補足も見られ、やはりどう見ても「きな粉」に関する説明文としか思えないのだ。

ちなみに多数のプロテイン商品を展開している「森永製菓」では、大豆プロテインに関して「朝食・運動後」の摂取を推奨しているため、こちらの商品にトライする際は摂取タイミングも意識してみると良いかもしれない。

・合わせて読みたい→松本人志、筋トレ格言を語る 「座布団一枚」「言うこと深い」と反響

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

スーパーで発見した謎の粉、強烈な違和感が… 値札の「5文字」にツッコミ相次ぐ