株式会社タイトーは、シューティングゲームオムニバスゲームレイズ アーケード クロノロジー』を2023年3月9日(木)に発売すると発表した。

 対象プラットフォームはPS4Nintendo Switch。価格はそれぞれ税込で通常版が7480円、特装版が1万8480円。

 『レイズ アーケード クロノロジー』は、1994年からはじまる「レイシリーズ」のアーケード版3部作『レイフォース』、『レイストーム』、『レイクライシス』を忠実移植し、さらに3D描画の2タイトルを高解像度した『レイストームNEO-HD』、『レイクライシスHD』を収録したオムニバスパッケージ

 移植は有限会社エムツーが担当しており、ゲーム攻略に役立つ各種「ガジェット」表示の他、ゲーム中のセーブロード機能などを追加する。

『レイズ アーケード クロノロジー』が2023年3月9日に発売へ_001
『レイズ アーケード クロノロジー』が2023年3月9日に発売へ_002
『レイズ アーケード クロノロジー』が2023年3月9日に発売へ_003

 今回、発売日の決定とともに「通常版」に加えて、スペシャルライブBlu-rayとCD、資料集などがついた「特装版」を発売する。

 このほか「ファミ通DXパック」として、1994年発売のCD「レイフォース」をアナログレコードで復刻した「RAYFORCE (Vinyl Edition)」がついたセットアナログレコードに加えて「3Dクリスタル」がセットになった「3Dクリスタルセット」をそれぞれ通常版と特装版で発売する。

 さらに、店舗特典としてスクウェア・エニックス e-STOREで購入の場合は「TAITO G CARDオリジナルステッカー -レイフォースレイクライシス Ver.-」、またAmazonかエビテンで購入した場合は「TAITO G CARDオリジナルステッカー -レイストームレイクライシス Ver.-」が付属するとのこと。

 またAmazon7月12日、13日に開催するセール「ライムデー」の期間中、『R-GEAR』が遊べるダウンロードコードが付属した限定商品の予約をAmazonで受け付けるとのこと。

 『R-GEAR』は、『レイフォース』の続編として開発されたものの、『レイストーム』の開発がスタートしたことで、本作の開発が中断されてしまったため、最初の1ステージしか存在しない幻のゲームだ。対象プラットフォームはPS4Nintendo Switchとなる。気になった人は予約をしてみてはいかがだろうか。

 『レイズ アーケード クロノロジー』を2023年3月9日に発売予定だ。

『レイズ アーケード クロノロジー』公式サイトはこちらタイトー公式Twitterアカウントはこちら