こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。

 僕はLINE公式サービストークCARE』にて、年間約1500件のペースチャット恋愛相談を受けています。また知人経由で対面の相談を受けることも多く、性別・年齢問わずさまざまな方の恋のお悩みをうかがってきました。

 こうして数多くの相談を受けていると、よく思い知らされるのが“事実は小説よりも奇なり”ということ。ドロドロの愛憎を描いたかつての昼ドラのような恋愛や不倫に身を投じている方が、現実に存在しているのです。

 そこで今回は、僕に相談を寄せていた鈴木美智さん(36歳・仮名)に、過去に交際していた年下彼氏の常軌を逸したエピソードを語っていただきました。

※この記事は本人の許可を得て掲載しています。ただし、プライバシー保護のため実際のエピソードから一部変更しています。

マッチングアプリで出会った年下彼氏の異常な束縛

 婚活をしている鈴木さんは3年ほど前、マッチングアプリで5歳年下のショウ君(仮名)と知り合ったそうです。メガネをかけた塩顔イケメンショウ君大学院卒のエンジニアで、真面目な理系男子という印象を受けた鈴木さんはすぐに惹かれていったんだとか。

「とはいえ、いわゆるハイスぺなショウ君が、年上で30代のこんな私と真剣に付き合ってくれるか不安だったから、最初はちょっと警戒していたんですよね。でもショウ君は、学生時代は勉強一筋で恋愛経験が少ないみたいで、慣れないながらも一生懸命デートプランとかを考えてくれている姿がとても好印象で。3回目のデートで彼から告白されて、お付き合いすることになったんです」

◆交際数ヶ月は幸せだったけど…

 ショウ君に結婚前提の意思があるかどうかを、確認せずに付き合い始めたことを多少後悔しつつも、数ヶ月は幸せ絶頂だったという鈴木さん。

「ただ交際当初から、けっこうジェラシーすごいなというのは感じていました。私は交友関係が広いほうなので、男性と1対1で出かけることはなかったですが、職場の飲み会だったり大学時代の友達に会ったりと、男性もいる飲みの機会が多かったんです。そういう日は1時間おきぐらいにLINEが来て、飲んでいるところを写真で撮って浮気してない証拠を送ってくれと言われてましたね」

 そして、嫉妬心が強いショウ君の行動はエスカレートし、とうとうとんでもない行動に……。

◆嫉妬がエスカレート! 店を出ると彼氏が仁王立ち

「私がいつものように会社の同僚たちと飲んでいたら、『美智さん、帰るよ!』と急に声を掛けられたんです。明らかイライラしているショウ君が仁王立ちしていました。唖然としてる私の手を引っ張って、有無を言わさずに連れ帰って……。居酒屋の名前も場所も教えてなかったんですが、一緒に飲んでいるメンバーと写真を撮って送っていたので、その背景に写っているお店の内観から、私の会社の近辺だとアタリをつけてお店を特定したみたいです。

 ショウ君いわく、『飲み会にいつもいる男が美智さんのことを狙ってるから危ない』っていう理由だったみたい。でもその男というのは、50代でもう枯れてる気のいいおっちゃん上司で、絶対にお互い恋愛関係になんてならないような相手だったんですけどね(苦笑)」

◆束縛彼氏は妻子持ちの既婚者だった…人生最悪の夜へ

 飲み会の場にショウ君が突然現れるという事態がその後も2回あり、辟易としていた鈴木さん。しかし、それも恋愛経験が少ない彼の愛情の深さゆえだと思っていたそうですが、急転直下でその恋は終わりを迎えたんだとか。

「とある日曜日、会社の同僚の女友達から隠し撮り写真が送られてきたんです。そこには動物園ベビーカーを押すショウ君の姿が……。女友達は飲み会に乱入してきたショウ君インパクトが強烈すぎて、顔をバッチリ覚えていたそうです。写真にはベビーカーに乗る1歳ぐらいの赤ちゃんと、横に若くてきれいな女性が写っていました。ショウ君、妻子持ちだったんです」

 鈴木さんはショックだったがそれ以上に、妻子持ちのクセに嫉妬心に狂って束縛してきていた彼にドン引き

「もう顔も見たくなかったので、LINEで既婚者であることを知ってしまったことを伝えて、別れを告げました。ただショウ君は『会って話したい』と言ってきたので会うことにしたんですが、最後までひどかった。じっくり話したいということでシティホテルの部屋に呼び出されたんですが、彼の開口一番の言葉は女友達への逆切れ。『隠し撮りなんて犯罪だ! ふざけんな!』と激怒していました。その後、急に泣き始めたと思ったら『大好きだなんだ、別れたくない』とすがってきたんです」

◆「離婚はできない」の一点張り

 “妻子を捨てて私を選んでくれるんだ”と解釈した鈴木さんは、一瞬嬉しく思ったそうですが……。

「『子どもがまだ小さいのに離婚する気なの?』と尋ねると、『離婚はできない』の一点張り。開いた口がふさがりませんでした。もう話にならないと思って私が帰ろうとすると、『最後の思い出がほしい』とか言い出して、ベッドに押し倒されて……。しかも一度終わったから私が服を着て部屋を出ようとすると、また引き止められて……。比喩ではなく、私の人生で最悪の時間でしたね」

――勉強一筋で恋愛経験が少なかった男性に対して、“純粋そう”“誠実そう”というイメージを抱きがちではないでしょうか。ですが一見すると非モテで純朴そうだとしても、学生時代にストイックに勉強に打ち込んでいた反動で、社会人になってから急に“遊びデビュー”するタイプというのは、実は少なくないのです。

 このショウ君の場合は若くして結婚して子を作ったにもかかわらず、遊び足りなかったということなんでしょうが……あまりにゲスなエピソードでした。

<文/堺屋大地>

【堺屋大地】
恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。現在は『現代ビジネス』、『文春オンライン』、『smartFLASH』などにコラムを寄稿。LINE公式サービストークCARE』では、カウンセラーとして年間で約1500件の相談を受けている。Twitter@SakaiyaDaichi

写真はイメージです