ある男が、米フロリダ州のディズニーワールドにあるR2-D2の盗難を試みた。

同施設の近くに住むその男、デヴィッド・エマーソン・プラウドフットは、ユニフォームを身にまとい、ネームバッジを付けてスタッフに扮し、推定1万ドル(約136万円)の価値があるとされるR2-D2の像を盗もうとしたという。

警察の報告によると、同施設内のスワン・アンド・ドルフィンホテルを出た後、カートを押す挙動不審なプラウドフットを目撃、その像を移動していたという。その後、警察が彼の家を捜索すると、同施設から過去に盗まれた何千万ドル相当のアイテムが発見されたそうだ。

プラウドフッドは現在第3級窃盗罪、及び虚偽の情報による妨害行為の罪を問われている。