ココスでは残業をすればするほど給料が下がる評価システムになっています。本人の能力不足で残業が増えるなら仕方ないにしても、理由は明らか人手不足。早朝から深夜まで働いても給料が下がってしまうので残業時間を少なく申請せざるを得ません。睡眠不足でボロボロになって働いているのに、報われない。会社は社員を人として扱っていない、単なるコマとしか見ていないんです」

 こう語るのはココスのとある店舗で店長として働いているAさんだ。

 飲食店業界では今年4月にくら寿司の店長が自殺、すき家ではパート従業員が死亡する事件が起き、労働環境が注目されている。Aさんが勤務しているファミリーレストランココスも同様に劣悪な労働環境にあるという。Aさんは絶対匿名を条件にココスで行われているブラックな勤務実態を語った。

 ココス1980年茨城県に第1号店を開店。茨城県を中心にチェーン展開をしていた。2000年に運営会社の「カスミグループ」がココスを含む外食部門を売却し、現在のゼンショーホールディングスの傘下に入った。これをきっかけに急速に店舗を拡大。現在は全国に500店舗以上を展開する大型ファミリーレストランである。

「睡眠時間もろくに確保できない日が続いて、運転中に…」

 同じゼンショーホールディングスの傘下であるすき家では2022年1月にパート従業員の58歳の女性が死亡する事故が起きている。1人で洗い物から接客、調理まですべてを行う、いわゆるワンオペ状態であることが問題視された。すき家は6月中に朝帯のワンオペを廃止することを発表している。

すき家は問題が起きて目立ちましたが、同じグループの中ではココスの労働環境もかなり過酷です。特に早朝から深夜まで営業している店舗は人員不足で社員が穴埋めのために長時間働かざるを得ない状況です」

 Aさんは、全体の8割の店舗で人員不足の状態にあるのではないか、と指摘する。現在Aさん自身も深夜営業の店舗で働いているが、社員であるAさんが無理をしてようやく営業できている状況だという。

「自分も朝9時に店舗に出て、深夜2時の閉店まで仕事をすることが日常茶飯事。休憩も食事もとる暇がなく立ち仕事を続けて、ずいぶん体重が落ちました。睡眠時間もろくに確保できない日が続いて、運転中に数秒間意識を失ったことが何度もあります。ハッと気づいたらずいぶん前まで進んでいて焦ったこともあります。幸い車が少ない時間帯だったので、事故には至りませんでしたが、いつか重大な事故を起こしてしまうのではないかと怖くてなりません」

 ココスの採用HPに掲載されている「ストアマネジャーの一日」には午前11時に店舗に出勤し、夜9時には遅番のクルーに店舗を任せて帰宅する姿が掲載されている。しかし、こういった働き方ができるのはごく一部の恵まれた店舗だとAさんは語る。

ココスは月の勤務時間を168時間と定めて、休みは10日取れることになっています。でも、休みなんてほとんど取得できませんし、100時間近い残業は日常的に行われています。毎月、残業時間が多い社員のリストが社内で公開されるのですが、80時間を超える残業をしている人は毎月います。休みも4~5日は取らないといけないのですが、1日か2日しか休めないこともあります」

残業時間が増えると給料が下がる評価システム

 さらにAさんはこういった残業時間には含まれていない「サービス残業」が何十時間とあるという。それにはココスの評価制度が関係しているようだ。

ココスでは36協定に違反する45時間以上残業が4か月以上、もしくは単月で75時間以上の残業をすると給料が下がってしまいます。残業代は付くのですが、基本給や賞与が下がってしまいます。年収計算で少なくとも25万円、50万円以上年収が下がることもあります。そのため、違反になってしまう人は残業時間を少なく申請したり、出勤したのに公休日として申請したりしているんです」

 Aさんが見せてくれた給与評価のサンプルの左下には減点対象の項目がある。その中に「時間外労働75時間超え1回、又は36協定違反4か月以上」とあり、残業が増えると給与評価が下がってしまうことが分かる。

 36協定とは労働基準法に定められた法定労働時間(一日8時間、週40時間の労働時間)以上の労働を従業員にさせる時に雇用者と従業員が締結する労使協定である。本来であれば、雇用者が不当に長時間労働を従業員に強いないために存在するものであるが、ココスでは従業員がサービス残業しなければならない評価制度に利用されているというのだ。

 Aさんの月間勤怠表を確認すると、勤務時間が13時間を超えた日は一日もない。しかし、1日の勤務スケジュールを記載したデータからは14時間以上の勤務をした日が何日も存在し、残業時間を少なく申請していることが分かる。こういったことを日常的にしなければ、給料が下がってしまうことにAさんは複雑な心境を抱いている。

「店舗に滞在する時間は変更できないので、休憩時間を多くとったというようにして実務時間を短くしています。本当は休む暇なんてほとんどないんですけどね…。一度実態に近い残業時間を申請して会社に『こんなに頑張ってるんだ。なんとかしてくれ!』とアピールしましたが、ただ給料が下がっただけでした」

 2015年、当時電通の新入社員が過労死ラインを超える残業時間で働き続けた末に自殺した。この事件をきっかけに、働き方改革に乗り出した企業は多い。ココスの親会社であるゼンショーホールディングスも自社のHPで時間管理委員会という長時間労働を監視する組織を設け、労働環境の改善に努めていると公表している。しかし、そういった取り組みは形式上のものに過ぎない、とAさんは批判する。

「確かに、残業が多いと総務から連絡がきます。ただ、その時に会社から解決策が示されることは無いんです。むしろ現場から『人員を増やします』といった回答をしなければならない。それに対して会社は何も返答をしませんし、解決の手伝いもしてくれません。結局は『残業対策をしています』というポーズだけで問題は見て見ぬふりをしているんです」

「他チェーン店が深夜営業をしている。特別扱いできない」

 ココス新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた2020年は前年比で50億円もの減収となっている。業績の影響か採用人数も例年の40名ほどから2020年度はたったの5人。正社員も増える気配がないが、そもそもココスは若手社員の定着率が低いのだとAさんは頭をかかえる

「とにかく仕事がきついので採用しても8割くらいの新人は辞めていきます。自分のいるエリアでも20人近く配属して1人か2人しか残らないこともあります。退職代行を使ってまで辞めた若手社員もここ2~3年で2人いました。長年勤めた自分でも残業は増えるのに給料は下がっていますから、若手が辞めるのも納得してしまいますね」

 こういった状況に対し、せめて営業時間を短くしてほしいという要望は社内から何度も上がっているとAさんは語る。しかし、経営陣はそういった現場のSOSに耳を傾けようとしないという。

「会社はエリアを管轄するマネジャーの判断に任せるという結論でしたが、売り上げが下がって自分の評価を下げたくないマネジャーは営業時間を短くすることはありません。それどころか、せっかく24時閉店になった店舗も『他チェーン店が深夜営業をしている。特別扱いできない』という訳の分からない理由で深夜営業に戻されたこともあります。他の飲食店が年末年始を休みにする中でココスだけは今でも通常営業。結局、人よりも利益が大切なんだと思います。まだ重大な事故は起きていませんが、いつすき家のようなことが起こってもおかしくはありません」

「次回評価からルールを変更します」

 ゼンショーホールディングスに事実確認を行うとココスジャパンから、残業時間が増えると給与や賞与が下がる評価制度については確かに存在し、従業員にも明示しているとの回答があった。

「ご指摘いただいた項目は、被評価者(店舗責任者等)本人を含む対象店舗全体で不要な残業を極小化すること、また店舗従業員の労務管理のための評価項目としています。こちらは、店舗責任者の店舗管理力を評価するための項目の一つであり、賞与の総合評価を決める際の評価点数の減点対象となっています。また、賞与評価に関わる各項目は半期ごとに実施する人事評価で使用するシートに記載されており、被評価者(店舗責任者等)本人も確認できるようになっています」

 評価制度の弊害として、従業員が実際の勤務時間を申告できずサービス残業を強いられる状況については「認識しています」との回答だった。

「店舗責任者が実際の勤務時間よりも短く申請せざるを得ないといった声が一部あることについては本部でも把握しています。上記のとおり店舗責任者の店舗管理力を評価するための項目であり、勤務時間を過少申告させることは意図するところではありませんので、そういう事態が発生していることは問題であると認識しています。ただちに被評価者(店舗責任者等)本人の時間外労働を本評価の対象としないよう、次回評価(秋に行われる 2022 年度上期評価)からルールを変更します。貴重なご指摘ありがとうございます

 ブラック企業での労働問題に詳しい神奈川総合法律事務所の嶋﨑量弁護士は、Aさんの訴えおよびココスの労働状況について苦言を呈する。

「評価表に明記された、給与が下がる評価項目の1つに過ぎないので、残業時間が多いと給料が下がるというシステムが直ちに違法とは言い切れません。ただココス自身が認めているように、結果的に従業員が『正確な時間を申請すると損をする』と思わせてしまっているのは事実で、現場の実情から乖離したシステムであると言えます。早急な改善を期待します」

 すき家の悲劇を繰り返さないためにも、ココスが店舗の実情に沿ったシステムを構築することを期待したい。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

ココス(写真は秋葉原店、本文とは関係ありません)