HEROZ株式会社7月4日ブラウザで使える将棋AI解析サービス「棋神アナリティクス」サービスを開始した。

 有料プランはAI解析を利用できるが、無料プランでは棋譜の再生、編集、クラウド保存のみが使用できる。有料プランの基本料金は月額1万1000円(税込)で、利用時間が10時間を超えると毎分20円の従量課金となる。

 対応OSはWindowsMacOSAndroidiOSで、ブラウザChromeSafariEdgeFirefoxとなる。

ブラウザで使えるプロ向けの将棋AI解析「棋神アナリティクス」がサービスを開始_01
(画像は棋神アナリティクスより)

 「棋神アナリティクス」はプロフェッショナル向けの将棋AI解析サービスだ。

 近年成長著しいディープラーニングを活用した将棋AI研究は、CUDATensorRTなどの計算基盤を駆使し、複雑な設定を行わなければならない。くわえて半年で新しいAIが公開されるため、常に最新のAIを個人が使用することはハードルが高い。

 そこで、本サービスハードルとなっている要素をスルーし、誰もがボタン一つでAI解析を使用可能となる。

 使用できる将棋AI解析は、5月5日に第32回世界コンピュータ将棋選手権で優勝した「dlshogi with HEROZ」やねうら王系将棋AI「水匠」だ。「dlshogi」の最新モデルが利用できるのは本サービスのみとなっている。

 強化学習はNVIDIA A100を8基搭載したサーバ9台で行われており、現在公開しているモデルでは、GPU1枚で強化学習した場合の約3年分相当の約20億局面を学習している。

棋神アナリティクスはこちら【公式】棋神アナリティクス(@kishinanalytics) / Twitterはこちら