タレントのフィフィが7月6日ツイッターで、自民党公明党の連立に苦言を呈した。フィフィは「公明党が岡山で小野田氏を落選させるために画策してるみたいだけど、立憲を推すなら、もう連立解消して野党になったらいいじゃない」と提言。さらに、「自民党もいい加減考えた方がいいよ。選挙に勝つためだけの連立とか本当情けないから」とバッサリと切り捨てた。

 参議院議員選挙の岡山選挙区では、自民党から小野田紀美氏が立候補している。しかし小野田氏が、公明党の推薦を事実上拒否し話題に。公明党は野党系の候補を応援していると複数のメディアに報じられている。フィフィは公明党の節操の無さを批判した形だ。

 ​>>フィフィ「“日本からの援助が必要です”と言えばいい」韓国新大統領の“協力”コメントをバッサリ<<​​​

 これには、ネット上で「公明党は日本のことなんか考えてなくて、自分たちのメンツとか利益しか考えてないってことがはっきりわかりましたね」といった声や、「そもそも憲法改正に反対している党と、党是が憲法改正にある党が連立を組んでいる事自体がおかしいのではないか」と改憲に慎重な姿勢を示す公明党と改憲を進める自民党スタンスの違いを指摘する声が聞かれた。

 一方で、「一理あるけど、政治家にならないと自分の意見を通す道筋が無いから『勝つための連立』は大ありなんですよ。政治家は、当選してバッジを付けて初めて価値が出てくる」「それぞれにリスクがあるから、なかなかそうはならないだろうなあ」といった声も聞かれた。フィフィが批判した「選挙に勝つためだけの連立」も、一つの戦略としては肯定されるべきという考えを持つネットユーザーもいるようだ。

 いずれにせよ、岡山選挙区のケースが一部の例外であるのか、それとも今後の自公連立の関係性に影響を及ぼすのかは気になるところだ。

記事内の引用について
フィフィのツイッターより https://twitter.com/FIFI_Egypt

フィフィ