伝説の声優・内海賢二さんの仕事や偉業に追ったドキュメンタリー映画「その声のあなたへ」が、9月30日に公開されることが決定。あわせて、柴田秀勝羽佐間道夫野沢雅子神谷明戸田恵子が出演していることもわかった。

日本のカルチャーの代表ともいえる「アニメーション」。その現場を支える“声優”は、注目を浴びている職業のひとつだ。現在、声優志望者数は30万人とも言われており、近年の人気職業ランキングの上位に入っている。

内海さんは、そんな声優業界の歴史の中で、数多くの名作・名言を世に残し、声優業界を黎明期から強烈な個性と演技力で引っ張ってきた。「北斗の拳」のラオウ、「Dr.スランプアラレちゃん」の則巻千兵衛、「鋼の錬金術師」のアレックス・ルイ・アームストロングなど、常に第一線で活躍し続けていたが、2013年6月に惜しまれながら亡くなった。内海の訃報は、ファンや声優界のみならず、各界に悲しみと衝撃を与え、大きなニュースとして報じられた。

本作は、主人公の新人ライターが、内海さんを生前からよく知る声優陣たちの証言を通して「内海賢二」について、そして声優という職業の変遷を辿っていくドキュメンタリー。豪華声優陣によるインタビューパートドラマパートで構成されており、多くの声優から語られる言葉は、歴史の証言のようでもあり、現在にも響く“生の声”という2つの側面がある。

柴田、羽佐間、野沢、神谷、戸田は、証言者として出演。“声優”という仕事の礎を築き、活躍してきた世代、そしてそれを拡げ繋いでいったレジェンドたち。そんな彼らの言葉は、ただ過去を懐かしむものではなく、仕事としての魅力、声優業界の黎明期における知られざる苦労の数々など、心を揺さぶるものとなっており、「好きな事を無心にやり続けることの尊さ」を感じさせてくれる。

「その声のあなたへ」の監督・脚本は、「栞」の榊原有佑が担当。アニメ関連情報配信サイト「アニメイトタイムズ」の全面協力作品となっている。9月30日から全国公開。

(C)映画「その声のあなたへ」製作委員会