イメージ画像

画像はイメージ

面接では、思いもよらないことを言われる時もある。40代前半の男性(神奈川県/素材・化学・食品・医薬品技術職/正社員・職員/年収400万円)は、面接官から失礼な対応をされたため、それを指摘した。するとこんな「意味不明な」返答をされたという。(文:永本かおり)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

おまけに業界用語などを知らないことをバカにし始めた」

男性が体験したその面接には、「担当官と社長」を名乗る人物が現れた。

「担当官は自称経営コンサルタントで、社長はよだれを垂らして座っていたおじいちゃんだった」

と状況を語る男性。

「面談が始まると、履歴書を何も読んでいないようで、求人サイトに記載されている求人内容と全く違うことを話し始めた。おまけに業界用語などを知らないことをバカにし始めた」

と、失礼な対応を受けたことを打ち明ける。相手は応募者の経歴も見ず、自社の募集内容すら把握せず、失礼な態度を続けたようだ。男性は

「人を呼びだしてずいぶんと不届きな態度を示したので、そのことを指摘すると『社長をバカにするのか!』『遠方からわざわざやってきたんだぞ』などと意味不明なやり取りをさせられた」

と折れずに対抗した事を淡々と綴っていた。

面接で30分以上待たされた女性、「申し訳ありませんが辞退します」と言い残して帰る

面接官に「素人」呼ばわりされた30代男性、ピシャリと言い返す「天狗になるのもいい加減にしなさい!」

失礼な面接官に反論したら「社長をバカにするのか!」と言われた男性