新産業に挑戦する企業に対して政策活動やリスクマネジメントサポートなど、パブリックアフェアーズ領域で総合的なコンサルティングを行う紀尾井町戦略研究所株式会社(KSI、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:別所 直哉)は、月に2回程度、時事関係のトピックを中心としたWeb調査を1000人に行っています。
調査の背景
第26回参議院選挙7月10日に投開票されます。有権者の参院選への関心や投票の意向、比例投票先、重視する政策などを7月5日に調査しました。本調査はYahoo!クラウドソーシングを利用したインターネットアンケートで、18歳以上の男女1000人からの回答を集計しています。

■調査結果サマリ
  • 参議院選挙に「大いに関心がある」「ある程度関心がある」は計71.5%だった。(Q6)
  • 投票に行くかどうかは「期日前投票をした」 15.5%、「必ず行く」33.9%、「行くつもり」29.6%、「行かない」は9.8%だった。(Q7)
  • 比例代表の投票先(政党・政治団体、その候補者)は、自由民主党22.0%(前回6月25日21.0%)、立憲民主党6.5%(4.4%)、公明党1.7%(2.3%)、日本共産党2.4%(3.2%)、日本維新の会12.5%(10.0%)、国民民主党3.7%(4.3%)、れいわ新撰組4.0%(2.2%)、社民党0.8%(0.4%)、NHK党2.1%(1.3%)、参政党1.5%(0.4%) 、その他の政党・政治団体1.4%(0.1%)、投票に行かない8.9%(6.2%)、まだ決めていない31.9%(44.8%)だった。(Q8)
  • 比例代表で書くのは「政党名」50.6%、「候補者名」16.2%。(Q9)
  • 候補者が女性か男性かを判断材料にするかを聞くと「選挙区も比例もしない」51.1%が最多。「まだ決めていない」22.4%、「選挙区も比例もする」18.8%と続いた。(Q10)
  • 投票の際に最も重視するのは「景気や雇用」33.9%、次いで「物価高対策」25.6%だった。(Q11)
  • 選挙結果として望ましい参院全体の勢力図は「与野党拮抗」36.4%が最多で、次いで「与党多数」33.4%。「野党多数」は9.9%だった。(Q12)
  • 岸田内閣を「支持する」29.6%(前回6月25日24.9%)、「支持しない」47.3%(48.4%)、「わからない」23.1%(26.7%)だった。(Q13)
  • 支持政党を聞くと、自由民主党21.5%(前回6月25日21.8%)、立憲民主党5.0%(4.6%)、公明党1.3%(2.0%)日本共産党1.6%(2.8%)、日本維新の会9.3%(10.2%)、国民民主党2.3%(2.8%)、れいわ新撰組2.5%(2.5%)、社民党0.3%(0.3%)、NHK党1.7%(1.5%)、その他の政党・政治団体1.3%(0.4)%、支持する政党はない48.4%(45.8%)、わからない4.8%(5.3%)だった。(Q14)

※今回の調査結果は、性別や年齢別、年収、内閣支持度別、支持政党別などのクロス集計もありますので、ご関心のある方は以下の調査レポートをご覧ください。


調査レポート https://ksi-corp.jp/column/other/web-research-36/
調査方法  インターネット上でのアンケート
※「Yahoo!クラウドソーシング」(https://crowdsourcing.yahoo.co.jp/)を活用
調査期間  2022年7月5日
調査数  1,000人

【紀尾井町戦略研究所株式会社(KSI:https://www.ksi-corp.jp/)について】
KSIは2017年にZホールディングス株式会社子会社として設立され、2020年4月に独立した民間シンクタンク・コンサルティング企業です。代表取締役の別所直哉は、1999年よりヤフー株式会社(現Zホールディングス株式会社)の法務責任者として、Yahoo! JAPANが新規サービスを立ち上げるにあたり大変重要な役割を担ってきました。その中で培った幅広いネットワークや政策提言活動を通じて得られた知見をもとに、新産業に挑戦する企業に対して政策活動やリスクマネジメントサポートなど、パブリックアフェアーズ領域で総合的なコンサルティング行っているほか、社会に貢献していくという方針を軸に多様なサービスを提供しています。

KSIのSNS公式アカウント
https://twitter.com/ksijapan
https://www.facebook.com/KioichoStrategyInstitute

配信元企業:紀尾井町戦略研究所株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ