7月9~10日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、マーベル・シネマティック・ユニバースMCU)の「マイティ・ソーシリーズ第4弾となる『ソー:ラブ&サンダー』が、初週土日動員23万7000人、興収3億8800万円を記録し、初登場1位を獲得した。初日からの3日間では動員35万9000人、興収5億8600万円という結果となった。

【写真】写真で見る「7月9日~10日の全国映画動員ランキング」

 公開7週目を迎えた『トップガン マーヴェリック』は、週末土日動員21万7000人、興収3億6100万円と相変わらず高稼働を見せたが惜しくも2位に。累計では動員535万人、興収84億円を突破。7月8日からは「ミラクルミッションステッカー」が入場者プレゼントとして配布。7月22日からは第2弾も予定されており、リピーターの期待も高まる。

 3位は先週2位スタートだった『バズ・ライトイヤー』がランクイン。累計では動員50万人、興収7億円を突破している。

 4位はSnow Manの岩本照が映画単独初主演を務めた映画『モエカレはオレンジ色』が、初週土日動員12万5000人、興収1億6700万円をあげ初登場。公開から3日間の累計では動員18万人、興収2億4300万円を突破した。

 そのほか、既存作品では公開5週目を迎えた『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が、累計動員154万人、興収20億円を突破した。

 7月9~10日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『ソー:ラブ&サンダー
第2位:『トップガン マーヴェリック
第3位:『バズ・ライトイヤー』
第4位:『モエカレはオレンジ色』
第5位:『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー
第6位:『映画 ゆるキャン△
第7位:『エルヴィス』
第8位:『ベイビー・ブローカー』
第9位:『それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル
第10位:『映画 五等分の花嫁

7月9日~10日の全国映画動員ランキング1位:『ソー:ラブ&サンダー』 (C)Marvel Studios 2022