全国映画動員ランキングTOP10(7/9-7/10)

映画動員ランキングTOP10を画像で見る

7月9日(土)、10日(日)の全国映画動員ランキングが発表されました。

先週のTOP3は1位『トップガン マーヴェリック』、2位『バズ・ライトイヤー』、3位『映画 ゆるキャン△』でした。

ランキングはどのように変動したのでしょうか? さっそく10位から発表していきます。

10位『映画 五等分の花嫁

映画 五等分の花嫁』は先週8位から10位にダウンするも公開8週目もTOP10入りです。

TVアニメ第2期が放送された春場ねぎ原作の劇場版アニメーション。勉強嫌いで落第寸前の五つ子たちと、家庭教師の恋模様を描きます。

監督はTVアニメ異世界食堂シリーズ神保昌登、声の出演は松岡禎丞花澤香菜、竹達彩菜ほかテレビアニメ版のキャストが再集結しています。

9位『それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ〜るカーニバル

公開3週目の『それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ〜るカーニバル』は先週7位から9位に。

劇場版シリーズ33作目となる本作は、変身が苦手な男の子アンパンマンたちが、ばいきんまんからオバケタウンを守ろうとする姿を描きます。

声の出演は戸田恵子中尾隆聖に加え、ゲスト声優として、オバケ男の子ドロリン役を北川景子オバケタウンの町長と側近役をジャングルポケット斉藤慎二おたけ太田博久、伝説のオバケ・まっくろ魔王役をDAIGOが演じました。

8位『ベイビー・ブローカー』

ベイビー・ブローカー』 ©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

公開3週目の『ベイビー・ブローカー』は先週4位から8位にダウンです。

是枝裕和監督が韓国の俳優陣と初タッグを組んだ本作は、“赤ちゃんポスト”を巡る人間ドラマが繰り広げられます。

出演はソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ、“IU”の名でアーティスト活動をしているイ・ジウンら。

7位『エルヴィス』

『エルヴィス』 ©2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

エルヴィス・プレスリーの生涯を描いた大作映画『エルヴィス』は先週5位から7位に。

バズ・ラーマン監督が、ビートルズクイーンなど多くのアーティストに影響を与えたエルヴィス・プレスリーの活躍と謎の死を描きます。

主演はオースティンバトラー。共演はトム・ハンクス、オリヴィア・デヨングら。

Snow Man岩本照の主演作がランクイン!

6位『映画 ゆるキャン△

『映画 ゆるキャン△』 ©あfろ芳文社/野外活動委員会

『映画 ゆるキャン△』は先週3位から6位にダウンです。

あfろの同名漫画を基に、2018年からTVアニメシリーズの放送が始まった青春物語の劇場版です。

高校時代にキャンプを楽しんだ5人が、今度はキャンプ場を作ろうと奔走する姿を描きます。

京極義昭監督のほか、TVシリーズスタッフ陣も再集結。声の出演は、花守ゆみり東山奈央原紗友里ほか。

5位『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー

公開5週目の『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』は先週4位から5位に。

累計成績は動員154万人、興収20億円を突破しています。

鳥山明の人気コミックを原作に2015年から放送されたTVアニメドラゴンボール超スーパー)』の映画化第2弾は、引き続き原作者の鳥山明が脚本とキャラクターデザインを担当。

声の出演は野沢雅子古川登志夫らおなじみのメンバーに加え入野自由神谷浩史宮野真守らが参戦です。

監督は前作『ドラゴンボール超 ブロリー』で3Dパートの制作に携わった児玉徹郎が務めました。

4位『モエカレはオレンジ色』

『モエカレはオレンジ色』 ©2022「モエカレはオレンジ色」製作委員会

玉島ノンの人気漫画をSnow Manの岩本照と生見愛瑠の共演で実写化した『モエカレはオレンジ色』は初登場4位にランクインです。

土日2日間で動員12万5000人、興収1億6700万円をあげており、公開3日間の累計成績は動員18万人、興収2億4300万円を突破です。

本作はひとりぼっち女子高生と、シャイで真面目な消防士が出会い、互いに成長しながら不器用な恋模様を繰り広げていくラブストーリー。監督は『赤い糸』や『一週間フレンズ。』などを手がけた村上正典。

TOP3に変動は!?

3位『バズ・ライトイヤー』

『バズ・ライトイヤー』 ©2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『バズ・ライトイヤー』は先週2位から3位に。累計成績は動員50万人、興収7億円を突破です。

トイ・ストーリーシリーズウッディの相棒を務めたバズを主人公に描く最新作です。

監督を務めたのは、短編『ニセものバズがやって来た』のアンガス・マクレーン。声の出演は、クリスエヴァンス、タイカ・ワイティティら。日本語吹替版では、鈴木亮平今田美桜らが参加しています。

2位『トップガン マーヴェリック

トップガン マーヴェリック』は先週トップからワンランクダウンするも、公開7週目の土日2日間で動員21万7000人、興収3億6100万円をあげており、累計成績は動員535万人、興収84億円を突破しました。

7月8日からは入場者プレゼントとして「ミラクルミッションステッカー」の第1弾が配布されており、7月22日(金)からも第2弾の配布が決定しています。

本作はトム・クルーズの出世作となった名作アクションの続編です。30年に渡り活躍しながらも昇進しないでいる孤高のパイロットマーヴェリックの新たな戦いを描きます。

オブリビオン』で彼とタッグを組んだジョセフ・コシンスキーが監督を務め、クリストファー・マッカリーが脚本を担当しました。共演はマイルズ・テラー、ジェニファー・コネリーほか。

1位『ソー:ラブ&サンダー

マーベル・スタジオ新作『ソー:ラブ&サンダー』が初登場で首位に輝きました。

土日2日間で動員23万7000人、興収3億8800万円を記録。初日から3日間では、動員35万9000人、興収5億8600万円をあげました。

本作は、クリス・ヘムズワース主演の『マイティ・ソーシリーズの第4弾で、大切な人を失い、戦うことを恐れるようになってしまったソーの、新たな戦いと自分探しの冒険を描きます。

元恋人・ジェーン役にナタリー・ポートマンが復帰。“神殺し”を宣言して、ソーの前に立ちはだかる強敵ゴアを名優クリスチャン・ベイルが演じるほかテッサトンプソンらが共演。

マイティ・ソー バトルロイヤル』に続いてタイカ・ワイティティが監督を務めました。

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)

1位『ソー:ラブ&サンダー
2位トップガン マーヴェリック
3位『バズ・ライトイヤー』
4位『モエカレはオレンジ色』
5位『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー
6位『映画 ゆるキャン△
7位『エルヴィス』
8位『ベイビー・ブローカー』
9位『それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ〜るカーニバル
10位『映画 五等分の花嫁

今週末は『劇場版アイカツプラネット!』『キャメラを止めるな!』『キングダム2 遥かなる大地へ』『グレイマン』『ミニオンフィーバー』などが封切られます。

『ソー:ラブ&サンダー』 ©Marvel Studios 2022