女優の山口智子が、7月17日22時放送の『おしゃれクリップ 1時間SP』(日本テレビ系)に登場。あの大ヒットドラマの裏話や、私生活、ライフワークを赤裸々に語る。

【写真】山口智子のライフワーク「LISTEN.」プロジェクトが書籍化 地球の“音”に導かれた10年の物語

 山口のこの日の装いは、カーテンや旅の思い出の品など自宅に眠っていた物を使い、友人でもあるデザイナー・有本ゆみこ氏と共同で作り上げた特別衣装。「今の自分を分かってほしい。テーマは唯一無二、どこの誰とも違う」と衣装のテーマを語る。

 短大生時代にモデルとして芸能活動を始めた山口。「そもそもデビューのきっかけは?」と山崎育三郎が聞くと、山口は「短大生時代に銀座線に乗っていたら…」と当時を振り返り、実は井桁弘恵ゆかりの人物との出会いが芸能界入りのきっかけになったと語る。山口が「あのとき銀座線で声をかけてくれなかったら、今の私はいない」と頭が上がらない人物とは…?

 モデルとして活動した後、NHKの連続テレビ小説純ちゃん応援歌』で女優デビューした山口は、次々と話題作に出演。中でも、木村拓哉とダブル主演を務めたドラマ『ロングバケーション』は社会現象となった。「木村君の引っ張ってくれる力、受け止めてくれる力…。当時の輝きといったらギッラギラですよ。生命体としての輝きが半端じゃなかった」と回想。大反響を呼んだ最終回にまつわる驚きの秘話も明かす。さらに、瀬名と南の名シーンを山口と育三郎で再現。

 「彼とは全ての趣味趣向が真逆」という夫・唐沢寿明とは、いったいどんな夫婦生活を送っているのか?「夫は常に自宅でも姿勢を正して座っている」「音にまみれてセリフを覚えている」…超ストイックな唐沢寿明の驚きの私生活とは…?

 趣味の合わない山口・唐沢夫妻が唯一共感するのが「食」。意外なことに「おもウマい店を愛する夫婦なので…。創作料理…ちょっとかしこまった感じの、延々と説明が続くとか駄目」と語るように、いわゆる高級店が苦手とか。そんな山口を育三郎と井桁が都内のフレンチレストランでおもてなし。番組特別コースをいただきながらお酒を楽しんでいると、酔いが回った井桁が「夫婦のなれそめは?」「夫婦円満の秘けつは?」と山口を質問攻め。そんな井桁を「イゲちゃん面白いね。連れて帰りたい」とすっかり気に入る山口だが、果たして高級料理の方はお気に召すのか…?

 また、山口とは十数年にわたり親交のあるリリー・フランキーが、「初対面の人も漏れなく智子さんのことを好きになる」と、女優・山口智子のスゴさを語る。一方、山口が「唯一ごちそうになる人」と言うサッカー元日本代表の中田英寿もVTRで登場。山口の素顔を次々と明かす。

 このほか、山口が「人生の楽しみ方を教えてくれる」と大切にしている青春の地・スペインと中継を結び、現地の友人が山口の思い出の街をリポート。恩師からの思いがけない言葉に山口は感動の涙。

 山口智子が出演する『おしゃれクリップ 1時間SP』は、日本テレビ系にて7月17日22時放送。

『おしゃれクリップ』1時間SPに出演する山口智子 (C)日本テレビ