“手ぬぐい”が通販サイトで誤解による低レビューだらけ――。そんな状態に、手ぬぐいメーカー中の人が嘆き、正しい使い方を知ってほしいとネットで呼びかけています。手ぬぐいとタオルの違い、確かに知らなかった……!

【画像】手ぬぐいの正しい使い方

 このツイートを投稿したのは、手ぬぐいメーカーの宮本でデザイン企画を務めるみやもとのはせがわさん(@LLQlOoAQ1fg6z3L)。Amazonでのレビューが、「端がボロボロになって最悪でした☆1」といったレビューがたくさん並んでいる状態になっているそうです。

 はせがわさんによると、手ぬぐいの端がほつれていくのは正しい姿とのこと。タオルと違い端が縫製されていないため起きる現象ですが、このおかげで乾きが速い、雑菌が湧きにくい、生乾きの臭いが軽減されるなどの効果があるそうです。

 端がほつれてきたらそのままにせず、ハサミで切って手入れしてまた洗濯。これをほつれるたびに何度か繰り返せば、いずれ糸が出てこなくなるそうです。正しい使い方を知って、手ぬぐいを有効活用していきたいですね。

 はせがわさんが務める宮本の手ぬぐいは、直営ショップのジカンスタイルで購入できます。

画像提供:みやもとのはせがわさん(@LLQlOoAQ1fg6z3L)

手ぬぐいとタオルの違い