2022年8月4日韓国・国民日報は、ナンシーペロシ米下院議長に会うため国会を訪れた元慰安婦李容洙(イ・ヨンス)さんが、警護員らから「過剰な制止」を受け負傷したと伝えた。

韓国の市民団体「日本軍慰安婦問題国際司法裁判所(ICJ)回付推進委員会(推進委)」によると、ペロシ氏は同日韓国国会を訪れ、午前11時55分から午後1時ごろまで国会議長と会談した。会談後は共同会見、昼食会に出席した。李さんと推進委関係者は午後0時20分ごろから、ペロシ氏との面会を要請するため昼食会場で待機していた。

騒動が起きたのはペロシ氏が昼食会場に到着する前。国会の警護員らがペロシ氏の動線を確保するため李さんの乗っていた車いすを引っ張った際、李さんが車いすからずり落ち地面に倒れたという。

推進委関係者は「10人ほどの警護員が車いすをむやみに引っ張り移動させようとした」「李さんは地面に倒れて両手のひらを擦りむき、ひどい精神的ショックを受けた」と説明した。

推進委が公開した当時の映像には、李さんが「離しなさい」「殺す気か!」などと叫び、警護員が「起き上がってください」「けがしてしまいます」などと言いながら倒れた李さんを起こそうとする様子が映っている。

李さんはペロシ氏と面会できず、近くの病院に運ばれた。幸い大きなけがはなかったという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「車いすを引っ張るのは仕方ないとして、地面に倒れた李さんの手足をつかんで引きずったのは衝撃的」「90歳を超えたおばあさんに何てことを。この国はおかしい」「警護のためとはいえここまで暴力的にする必要はない。ペロシ氏は慰安婦問題に関心のある人なのに」「日本の警察でもこんな対応はしないだろう」など警護員への批判の声が続出している。

また「慰安婦被害者をこんなふうに扱う政権は初めて。尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権は本当に国を日本に売り渡す気なのだろうか」「尹政権は親日で、慰安婦問題に関しては日本と同じ立場なのだろう」など、尹政権への厳しい声も。

一方で「けがしたのはかわいそうだけど、李さんの行動は軽率だと思う。会う約束もしていないのに勝手に待ち伏せするのは失礼。それに慰安婦問題は日韓で解決すること」「李さんが『出て行きたくない』と駄々をこねて地面に寝転がり、警護員らが慌てて車いすに乗せようとしている状況でしょ」「慰安婦問題を解決したい気持ちは分かるけど、わがままもほどほどに」など、李さんの行動を問題視する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

4日、韓国・国民日報は、ナンシー・ペロシ米下院議長に会うため国会を訪れた元慰安婦の李容洙さんが、警護員らから「過剰な制止」を受け負傷したと伝えた。写真はペロシ氏のフェイスブック公式アカウントより。