2022年、いやもっと前から、その計画は粛々と進められていた。都市伝説的には、日本帝国時代に、下関や博多近辺から「日韓トンネル」が作られていて、完成しないうちに敗戦になってしまったというものもある。

 そう、「日韓トンネル」。日本と韓国が道で繋がってしまうお話。海が割れて道ができるという作り話ではない。しかし、政治的には、2011年11月に、韓国側から経済性がないと決められたことになっていた。

 しかし。令和の御世になって、トンネルは今まさに掘られている。日本の起点は、佐賀県。そう、佐賀県人の方々には本当に失礼な話だが、意外と盲点の地から。県民があまり声を上げることの少ない地から。マスコミが、気付かない地から。

 佐賀県の東松浦半島(唐津)から壹岐や対馬を経由して、韓国の巨済島に、その先の釜山に至る230Kmだ。

 主軸になって進めているのは、NHKがまったく報道しないあの宗教団体。逆に「与党とズブズブですよ」という発言を出したワイドショーが忖度をせざるを得なくなったあの宗教団体。トンネル工事の団体名は「国際ハイウエイ財団(土地取得時は、協和開発)」。

 かなり広大な作業現場だ。マスコミもちょっと無視できる規模ではない。山の斜面に開いたトンネルの入り口。そこに隣接する作業員宿舎。まだ10mほどしか掘られてはいない。

 この集落は、住人が驚くほど、「買う人がいない」土地であり、売った人も、宗教団体の存在もわからなかったようだ。「本当にトンネルできるの?」という、お金持ちが酔狂しているうちに買ってもらおうかという状態だった。

 今は亡くなってしまった教祖様が、戦後日本の総理大臣経験者と懇意なった時から、このトンネルは悲願だったという。ただ、資金が足りない、かつ日本人が疑問を持たないうちに掘りきることができず、今に至ったようだ。

 かなりの政治家が、この政治団体のお世話になっている。その関係性が日々明らかになっていく中で、今ならば可能だ! と思ったに違いはない。

 また合同結婚式などで、集めたお金…花嫁になる日本人女性は140万円用意しなければならない。韓国でのこの宗教団体のスタンスは、農村部や低学歴の男性の結婚相談所的役割なので、婿は多くて14万円ほどしか出さない。それは、慰安婦など韓国女性を侮辱したから、日本人からは搾り取って当たり前とのこと。

 まあ、壺や経典など、信じられない金額を信者は支払っているので、元教祖の妻が現在の教祖であるうちに一気に掘ってしまうのだろう。

 まだ、10mほどだ。マスコミがとりあげないからといって、臆することはない。政治家が癒着しているからと言って「命は自分で守るしかない」。海が割れて、道ができては遅い。監視の目をSNSで発信するのも、日本国民の力であると思われる。

 佐賀から目を離すな。そして、九州一帯の沿岸部からも。日本は日本のものである。

*このトンネルの財源は、主に官庁や役所に人材派遣を行う、激しい「中抜き」で知られる会社。先日社長が突然辞任したあそこ中抜き分が充当されているとも語られ始めた…。ことを付記する。

トンネルのイメージ