秋野暢子

食道がんの治療のため入院中の女優・秋野暢子が7日、自身のAmeba公式ブログを更新。入院生活が25日目に突入し、一時退院を検討していることを明らかにした。


■「青空眺めながら…」

この日、秋野は「土日は、外来患者さんも来ないので病院内はシーンとしてます。平日は病室から治療以外は出ない用にしてるので、今日は病院内のコンビニに行ってみました。カフェフラッペを買って、病室で青空眺めながらゆっくり日曜日の午後」とコメント

エントリーには秋野が購入したカフェフラッペの写真が添付されており、治療の合間に至福のひと時を過ごしているようだ。


関連記事:秋野暢子、抗がん剤治療が遅れるも前向き姿勢 「ポジティブな私でいる」

■一時退院に「悩ましいところです」

「入院も今日で25日目。そこそこ長くなってきましたが…。まだまだ、続きますね。ちょっぴり、家がこいしくなってきましたが、ここが踏ん張りどころですね」と入院生活の現状をつづる秋野。

続けて「24日に放射線が終わるので一時退院するか? 抗がん剤が続くのでこのまま入院を続けるのか? 悩ましいところです。コロナ禍がなかったら退院考えるんだけど、とても増えてるようだしどうしょうかなぁ〜。ぼんやり〜考え中です」とコロナを考慮しつつ、退院を検討していることを明らかにしている。


■治療は順調

先月、抗がん剤治療の 1クール目が終了した秋野は、「朗報です。着実に、良い方向に向かってます。今日1日の、禁食を我慢して、明日の朝、何を食べようかな。楽しみだぁ〜」と心境を明かしており、治療が順調に進んでいることを報告していた。

秋野からの朗報を聞いたファンからは、「いいニュース、その調子!!」「愛媛から応援しています!!」とエールが送られている。

・合わせて読みたい→秋野暢子、食道がんの闘病経過を報告 その様子に「ポジティブ」との声も

(文/Sirabee 編集部・三黒いつき

秋野暢子、長引く入院生活で一時退院も検討 「コロナ禍がなかったら…」