テレビ番組のパーソナリティとして活躍するイギリス出身のクロエフェリーさん(26)が今月初め、Instagramストーリーで“フォックスアイ(fox eye)”と呼ばれる糸リフト施術後の悪夢のような経験を明かし注目を浴びている。『Chronicle Live』などが伝えた。

2015年MTVリアリティショージョーディ・ショア(Geordie Shore)』にキャストメンバーとして出演し、それ以来数々のリアリティ番組で活躍を続けるクロエフェリーさんが4日、Instagramストーリーで“フォックスアイ・スレッドリフト”の施術から2か月後に撮影したという写真をシェアし、人々の関心を集めた。

フォックスアイ・スレッドリフトは特殊加工された糸を皮膚の下に通して眉尻を内側から引き上げる施術で、スーパーモデルのベラ・ハディッドのようなキリリとした目を演出し、効果の持続期間も長いと人気だ。

クロエさんがシェアした写真の1枚は、こめかみにカプセル剤を入れたような膨らみがあり、もう1枚は同じこめかみの部位が1センチほどへこんで穴が開いたように見えている。

クロエさんは動画の中で、6月放送の英トークショー『ディス・モーニング(This Morning)』でライアン・ラックレッジさん(Ryan Ruckledge)が「フォックスアイ・スレッドリフトで命の危険を感じた」と訴えるのを見たことが投稿のきっかけになったことを明かし、このように続けた。

「実は私も7か月前、ライアンと同じ施術を受けたわ。でも今でも顔に傷が残っているの。これはもしかしたら一生消えないかもしれないわ。」

フォックスアイ・スレッドリフトは最近、人気が高いようだけど、この施術で自分の身に起きたことをみんなに知って欲しいの。もちろん施術を受けた人全員に同じことが起きるとは限らないけどね。」

「私の皮膚はとてもいい状態だったのに、施術後はこめかみに傷が残ってしまったの。仕事柄、写真撮影やテレビの撮影は続くのに、こんな結果になってしまって人の目が気になって仕方ないわ。」

「多くの人は『それはあなたの責任でしょう。そんな施術受けなければ良かったのよ』と言うでしょうね…。私だってそんなことは十分承知よ。それにネガティブな反応があることが分かっていたから、これまでなかなか告白できなかったの。できることなら時間を戻したいくらいよ。」

「だって施術を受けた時は、顔に永久に消えない傷や窪みが残るなんて思いもしなかったもの。施術後は本当に地獄だった。何度も病院に通ったし、いまだに薬を服用しているのよ!」

そんなクロエさんが美容整形に目覚めたのは『ジョーディ・ショア』に出演した2015年で、これまでに約815万円(5万ポンド)をかけ、豊胸手術3回、鼻形成手術2回、ボトックス、リップフィラー、脂肪吸引、ヒップアップ形成手術、眉リフト、人工歯(べニア)治療などを受けてきた。そして昨年には「もうこれ以上、整形はしない」と宣言するも、今年6月にもプチ整形をしたことを明かしていた。

フォックスアイ・スレッドリフトの施術から7か月、顔の腫れは引き、カプセル剤のような膨らみは消えたものの、化粧をしてもわずかな窪みや傷が残っているのが分かるようで、クロエさんは「心から後悔している。私が経験したことを多くの人に知ってもらいたい」と述べて注意喚起した。

なおクロエさんの告白には、「頭からつま先まで全てフェイク(嘘)で固めた体でしょう。後悔しても遅いよね」「精神的な問題があるとしか思えないね。美容整形ではなく、メンタルヘルスにお金と時間をかけるべき」「まだ26歳でしょう。なんでそんなに整形が必要なの?」「こめかみは隠せるけど、あのふっくらし過ぎた唇は隠せない」「フォックスアイ・スレッドリフト? 私は怖くて手が出ない」「整形前でも十分かわいいのに。なぜ?」「全身がホラーだ」といった厳しいコメントが寄せられている。

画像は『Chloe Ferry 2022年8月4日Instagram「Up close but never personal」』『The Mirror 2022年8月5日付「Chloe Ferry shares butchered face after fox eye surgery left gaping holes in her skin」(Image: mirror.co.uk)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト