アニメルパン三世」の次元大介役などで知られる声優の小林清志さんが、7月30日に、肺炎のため亡くなったことがわかった。89歳だった。小林さんが所属する東京俳優生活協同組合8月8日に公表した。

公式サイトに掲載された「訃報 小林 清志」では、「当組合所属俳優 小林清志 2022年7月30日(土)午前7時6分、肺炎により永眠いたしました。享年89」と報告。

そして「通夜葬儀に関しましては故人の意向により、近親者のみにて相済ませました。お別れの会につきましては、後日行う予定です」と案内し、「長年にわたり、俳優 小林清志にご声援、ご指導、ご鞭撻を賜りまして誠にありがとうございました。ここに生前のご厚誼に深謝するとともに、謹んでご報告申し上げます」とつづっている。  

小林さんは1933年生まれ、東京出身。「ルパン三世次元大介役を1971年から約50年にわたって演じた。同役は2021年、最新作「ルパン三世 PART6」で大塚明夫バトンタッチ。歴史的な声優交代と、大きな話題を呼んだ。