ルパン三世」の初代・次元大介役として知られる声優の小林清志さんが、7月30日に肺炎のため亡くなった。享年89。所属事務所の俳協が8月8日に発表した。通夜と葬儀は近親者のみで行われ、後日お別れの会が行われる予定だという。

小林さんは、1933年1月11日生まれで東京都出身。アニメルパン三世」の次元大介役をシリーズ開始当初から約50年にわたって演じたほか、「妖怪人間ベム」のベム役、「機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY」のエギーユ・デラーズ役などでも知られる。実写作品の吹き替えも数多く務め、これまでにジェームズ・コバーン、トミー・リー・ジョーンズらの吹き替えを担当している。また、放送中の「KJファイル」ではギレルモ・マルケス博士役を演じている。

なお「ルパン三世」の次元大介役は2021年放送の「ルパン三世 PART6」で大塚明夫に交代し、小林さんは交代発表時にコメントを寄せていた(https://anime.eiga.com/news/114244/ )。小林さんの訃報をうけ、「ルパン三世」公式サイトでは、「『ルパン三世』ではパイロット版をはじめTV、映画と2021年まで次元大介の声をご担当いただきました。半世紀以上にわたるご活躍への感謝と共に、お悔やみを申し上げます。ありがとうございました」と発表している。

俳協の発表全文は以下の通り。

当組合所属俳優 小林清志 2022年7月30日(土)午前7時6分、肺炎により永眠いたしました。享年89
通夜葬儀に関しましては故人の意向により、近親者のみにて相済ませました。
お別れの会につきましては、後日行う予定です。
長年にわたり、俳優 小林清志にご声援、ご指導、ご鞭撻を賜りまして誠にありがとうございました
ここに生前のご厚誼に深謝するとともに、謹んでご報告申し上げます。
なお、親族への取材、弔問はご遠慮いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

初代・次元大介でおなじみ小林清志さんが死去