スマホ向けアプリ開発を手掛ける「SELF」(東京都新宿区)が、「学校でのあだ名禁止」に関するアンケートを行い、8月5日に結果を発表しました。回答した6267人のうち、75%が、あだ名を「禁止すべきではない」と答えました。

「仲を深める一つのきっかけ」の声も

 調査は7月27日~同31日、同社が開発したアプリSELF」利用者を対象に行い、男女6267人から有効回答を得ました。「あだ名を禁止すべきだと思いますか?」という問いに対し、「禁止すべき」と答えた人が25%で、「禁止すべきではない」人が75%。年代別・男女別に見ると、男性ではどの年代でも「禁止すべき」が20%台にとどまったのに対し、女性では40代、50代、60代以上で「禁止すべき」が30%台と、男性に比べてやや高めの結果となりました。

あだ名は禁止すべき」と答えた人に自由記述で意見を聞くと、「実際にそれでいじめられた。 今でもそれがトラウマとして残っている」(20代男性)、「体の特徴をあだ名にされて嫌な気持ちになったことがある」(40代男性)「あだ名で呼ばなくても、仲良くできると思う」(50代女性)といった声が上がりました。

 一方、「あだ名は禁止すべきではない」と答えた人は「あだ名は仲を深める一つのきっかけにもなるので、マイナス面だけで禁止するのは望ましくないと思う」(20代女性)「何がダメで何がいいのかを考える機会を奪われると思う」(40代男性)「ルールに縛り付けて従わせることが教育だとは思わない」(30代男性)といった意見がありました。

オトナンサー編集部

「あだ名禁止」すべきかどうかの回答(SELF提供)