8月6~7日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、原作者の尾田栄一郎2016年公開の『ONE PIECE FILM GOLD』以来となる総合プロデューサーを務めた長編劇場版第15弾『ONE PIECE FILM RED』が、初週土日動員158万人に迫り、興収は22億5400万円を突破する大ヒットスタートで首位を獲得。この数字は今年度ナンバー1オープニング興収で、前作、劇場版ONE PIECE STAMPEDE』の初日からの3日間の数字と比較しても178%という高い数字、さらに配給の東映のオープニング動員・興収ともに歴代1位という記録づくめの結果となった。

【写真】写真で見る「8月6日~7日の全国映画動員ランキング」

 2位は『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』が、週末土日動員34万3000人、興収5億3700万円という高水準の数字を出したものの、先週の1位からワンランクダウン。累計では動員181万人、興収27億2400万円を突破した。

 3位は公開4週目の『ミニオンフィーバー』が、週末土日動員15万8000人、興収1億9900万円をあげランクイン。累計では動員225万人、興収27億3600万円を超えた。

 公開4週目を迎えた『キングダム2 遥かなる大地へ』は4位。累計では動員242万人、興収34億円を突破。公開11週目を迎えた5位『トップガン マーヴェリック』は累計動員665万人、興収105億円を突破した。

 また公開5週目を迎えた『モエカレはオレンジ色』が先週の圏外から9位に再ランクイン。8月7日には岩本照&生見愛瑠がそろって舞台あいさつに出席し、粘り強い興行を続けている。

 8月6~7日の全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『ONE PIECE FILM RED
第2位:『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』
第3位:『ミニオンフィーバー
第4位:『キングダム2 遥かなる大地へ』
第5位:『トップガン マーヴェリック
第6位:『今夜、世界からこの恋が消えても』
第7位:『ゴーストブック おばけずかん
第8位:『劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE 新・初恋ヒーロー
第9位:『モエカレはオレンジ色』
第10位:『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー

8月6日~7日の全国映画動員ランキング1位:『ONE PIECE FILM RED』 (C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会