2022年8月10日公開(集計期間:2022年8月1日8月7日)のBillboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”で、ジャニーズWESTの『星の雨』が初週251,678枚を売り上げて、首位を獲得した。

 8月3日リリースされたジャニーズWESTの19枚目のシングルは、週前半で214,122枚を売り上げ、トップを走っていた。週後半で約3.7万枚を伸ばして、2021年1月発売の15thシングル『週刊うまくいく曜日』が持っていた自己最多初週セールス227,615枚を更新した。表題曲はメンバー重岡大毅が主演するドラマ『雪女と蟹を食う』の主題歌に起用されている。

 2位には≠MEの4thシングル『す、好きじゃない!』がチャートイン。初週113,428枚を売り上げて、≠MEも自己最多のスタートを切った。そして、TVドラマ『テッパチ!』の主題歌を収録したGENERATIONS from EXILE TRIBEの『チカラノカギリ』(62,083枚)が3位に続く。

 そのほか、甘党男子の1stシングルバームクーヘン』、TVアニメラブライブ!スーパースター!!』2期オープニング主題歌を収録したLiella!の『WE WILL!!』がトップ5入りしている。


Billboard JAPAN Top Singles Sales
2022年8月1日8月7日までの集計)
1位『星の雨』ジャニーズWEST251,678枚)
2位『す、好きじゃない!』≠ME(113,428枚)
3位『チカラノカギリ』GENERATIONS from EXILE TRIBE(62,083枚)
4位『バームクーヘン』甘党男子(16,225枚)
5位『WE WILL!!』Liella!(12,005枚)

【ビルボード】ジャニーズWEST『星の雨』初週25.1万枚でシングル・セールス首位、自己最多初週記録を更新