カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 いままでこっそり逢瀬を重ねてきたものの、ついに飼い主に現場を目撃されてしまったようだ。ケージの中のハンモックにいた子猫だが、そのケージは猫のものではない。

 このケージ部屋の所有者こそが、猫の密会相手であり、飼い主が目撃した時には熱愛が発覚してしまったのだ。

【画像】 子猫の密会。熱愛の相手は?

You Are Not a Ferret

 アメリカ、ニュージャージー州フランクリンビル市で暮らす女性は、車のボンネットの中にいた子猫を保護し、ターボと名付けて家族に迎え入れた。

 この家には先住ペットが3匹いるのだが、ターボはどうやらそのうちの1匹と密会を重ねていたようなのだ。

 飼い主に発見されるも、しれっととぼけた表情を見せるターボ

1

 その密会相手はフェレットだった。イタチ科の動物で人懐っこい個体が多いことからペットとして人気の高い。主にケージを住み家とし、散歩のときにはケージから出て遊ぶ。

[もっと知りたい!→]猫にかまってもらいたいフェレット。とんでもないところを攻撃しだす

 ここの家の飼い主は、フィレットが自由に外に出られるようにケージのドアを開けているという。

 するとそこからターボが入り込み、フェレットが寝ていたハンモックの中に侵入し、フェレットを抱きしめながら寄り添っていたのだ。

2

 これはどうみても愛し合ってますね。相思相愛ですわ。しかも昨日今日の間柄じゃないっぽいっすね。

3

 ターボはフェレットたちに囲まれて暮らしていることから、自分がフェレットだと思っているふしがあり、フェレットのような行動をすることがあるのだという。

 熱愛中の密会現場を見られてしまったからには、この後すぐ記者会見かな?

written by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

これはもう熱愛報道です!猫が密会現場を目撃される