「二重アゴやたるんだ皮膚を改善したい」とプラズマ治療を受けたイギリスの女性は、施術から3年が経過した今も首の傷跡が消えないという。女性は昨年10月、当時59歳の時に『ITV News』に出演してトラウマ体験を語り、今月になって『The Sun』などが取り上げて注目を浴びている。

英ハンプシャーに住むジェーン・ボウマンさん(Jayne Bowman)は今から3年以上前、体重が減少し、二重アゴや首の皮膚のたるみが気になるようになっていた。そんな時ふと目にしたのが「プラズマファイブロブラスト(線維芽細胞)治療」で、「メスを使わずに皮膚のたるみを改善できる」という謳い文句と値段が手頃なことに惹かれて飛びついた。

この治療はレーザーでも光でもない“プラズマ”の高エネルギーを点状に照射することで、アンチエイジングに欠かせないコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを生み出す“線維芽細胞”を刺激して皮膚のたるみや老化を改善するというもので、ジェーンさんは約82000円500ポンド)を払って施術を受けた。

ところが施術後、ジェーンさんの首元は赤く腫れ上がり、赤いブツブツした斑点が現れた。そのうえ施術に問題がなければ通常は数日で自然に消滅するはずの赤みは引かず、斑点は赤から茶色に変色、ジェーンさんは周りの視線が気になって外出することを避けるようになった。

自身の首を“まるで古くなった鶏皮”とたとえるジェーンさんは、この施術後精神的に参ってしまったことを明かし「施術を受けたことを本当に後悔しているの。首の皮膚がたるんでいてもそのままにしておけばよかったわ」と述べると、こう続けた。

「施術者はSNSで見つけたの。彼女の評判がとても良いことが決め手だった。でも施術中は皮膚が焼けるような激痛に襲われてね。施術者にそのことを伝えても特に気にしている様子はなく、『このまま続けますよ。そうでないと効果は出ませんからね』と言うだけだったわ。そして最後は、患部に保湿剤を塗って終わったの。」

この施術で首に異常が現れたジェーンさんはその後、光療法やマイクロニードリングを勧められて施術を受けたものの全く効果はなく、施術から3年以上経っても首には傷跡が残っている。

現在は茶色い斑点はなくなったものの、その部分だけ脱色されたように皮膚の色が白く抜けてしまっており、「まさにトラウマ。私は今でも人を避けているし、雨の日にフードを被って外出するのがやっとなの」と憤りを隠せない。

画像は『The Sun 2022年8月8日付「BOTCHED I paid £500 to get rid of my double chin, but I was left looking like an ‘old chicken’ ― now I barely leave the house」(Credit: WNS)』『ITV News 2021年10月13日付「Woman left with dozens of scars after botched beauty treatment now struggles to leave her home」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト