オリビアニュートンジョンが死去した。73歳だった。映画「グリース」で知られるオリビア8月8日、南カリフォルニアの農場の自宅で、家族に見守られる中で帰らぬ人となったことを、夫ジョンイースリングさんがフェイスブックを通して発表したが、死因は明らかにされていない。

ただ、ある情報筋は、1992年に診断を受け、その後も寛かいと再発を繰り返していた転移性乳がんであったと、米ゴシップサイト・TMZに話している。

1970年代に歌手としてデビューし、「そよ風の誘惑」「フィジカル」など次々とヒット曲を出したほか、1978年作のミュージカル映画「グリース」で、ジョントラボルタ演じるダニーの相手役サンディでも人気を集めた。

イースリングさんは、投稿の中で家族のプライバシーの尊重を求めると同時に、花の代わりに植物由来のがん治療薬の研究を支援するオリビアニュートンジョンファウンデーションへの寄付を呼び掛けた。

オリビアの訃報を受けて、ジョントラボルタインスタグラムメッセージを投稿した。

「最愛のオリビア、君は私達皆の人生をより良いものにしてくれました」
「あなたの影響は驚くべきものです。とても愛しています。また道の向こうで会って、一緒に集いましょう。最初に会った瞬間から、永遠に私はあなたのものです。あなたのダニー、あなたのジョンより」

また「グリース」の監督ケンダル・クレイザーは、ハリウッドリポーターのインタビューで、「唯一無二で、とても親切だった」とオリビアを称えた。

このほかジョージ・タケイやガブリエルユニオン、ミア・ファロー、映画監督ジェームズ・ガン、ディオンヌ・ワーウィックなどハリウッドや音楽界の多数の著名人がオリビアを偲ぶ言葉を寄せている。