ホテルでくつろぐ人

おばけ屋敷に行き、雑誌やテレビでは怪談や心霊現象の特集が組まれるなど、夏の風物詩にもなっているホラー。かつて航空会社の客室乗務員だった女性がTikTokで自身の体験談を明かし、世間を身震いさせている。シンガポールの『AsiaOne』などの海外メディアが報じた。

【動画】自身が体験した怪奇現象を語る美人元CA


■「身の毛もよだつ体験をした」

7月30日、アンバー・タンさんという女性が、「heyamber.tan」のアカウント名でTikTokに動画を投稿した。

アンバーさんは、シンガポール航空で客室乗務員(以下CA)として働いていた頃、仕事で世界中を巡っていたが、渡航先のあちこちで身の毛もよだつ怪奇現象を体験したという。そして今月4日、その詳細についてTikTokに動画をアップした。


関連記事:荷物詰め込み手伝うパイロットに称賛 コロナ禍から一転の旅行熱で空港は大忙し

■夜中に部屋を走る足音が…

アンバーさんが最初に怪奇現象を体験したのは、台湾にあるグランドハイアット台北だった。客室に1人で寝ていると、夜中1時頃に部屋じゅうを駆け回る足音で目が覚めた。

ベッドが上下に揺れる感覚があり、ドア付近の電気が付いたり消えたりした後、トイレの水が勝手に流れたという。

■聖書にも異変が

アンバーさんは「とにかく怖くなり、神に救いを求めようと聖書を夢中で探しました」と告白している。なんとか聖書を見つけたが、驚いたことにページは何者かの手ですでに開かれていたそうだ。

部屋を変えてもらうかと迷ったが、それらの現象はすでに収まっていたことと、翌日の早朝にチェックアウトするため、フロントとの交渉は断念したという。


■成田空港付近でも…?

動画のなかで「それでも、このホテルはとても清潔だから大好きなの。心霊現象が起きたのもこの一度きり」と話すアンバーさん。なんと同僚の間では、日本の成田空港付近のホテルが「一番怖い」と噂されていたそうだ。

あるホテルではテレビが勝手についてしまったといい、そこに泊まると白い服を着た顔のない人の夢を見ると噂に。「成田に飛ぶ際は、何人ものCAが同じ部屋で一緒に寝ていた」と明かしている。

■怪奇現象を語る美人元CA

@heyamber.tan

Replying to @jaimessoon Here’s the full story 🙌🙌😱

♬ Horror, suspense, weirdness, ghost, UFO – Zassh

・合わせて読みたい→86歳の女性客室乗務員が活躍するアメリカン航空 豊富な経験に寄せられる信頼

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ

美人元CAが明かす怪奇現象に身震い 成田空港付近のホテルが「一番怖い」