白髪

1本でも白髪を見つけると、つい焦って抜いてしまうことがあるはず。しかしそれが毛包にとんでもないダメージを与えていること、また続けることで悲惨な結果を招きかねないことを、イギリスメディア『The Sun』などが伝えている。


■「抜くと白髪が増える」という噂

年齢を重ねるにつれ、少しずつ増えていく白髪。見つけるたびに「老化のサイン」と感じ、あわてて抜く人もいるかもしれない。

なかには「白髪は抜かないほうがいい」「抜くと白髪が3本になって生えてくる」などと言う人もいるが、髪の専門家たちは「抜けば増えるという事実はない」と断言している。

それよりも心配なのは、白髪を抜くことによる毛包へのダメージと薄毛の進行だと主張している。


関連記事:工藤静香、白髪との付き合い方に言及 「まあまあ仲良くしています」に共感の声

■抜き続けると大変なことに…

白髪を抜くことで、毛包に大きなダメージを与えてしまう。そこから炎症が起こることがあり、そのせいで部分的なハゲがいくつもできる可能性があるのだという。

抜くことで一時的には白髪が気にならなくなるが、髪が減りハゲてしまっては元も子もない。

■「抜くよりも染める」と専門家

専門家たちによると、白髪は抜かずに放置するのが一番良いとのこと。どうしても気になり耐えられないのであれば、無理をせずに染めるべきだという。

白髪は日に日に増えるものなのだとあきらめ、少しでも多くの髪をキープすることを大事にしたほうが良さそうだ。


■白髪がおしゃれのトレンドに

新型コロナウイルスの感染拡大で美容院に行くことが難しくなり、「白髪が増えまくった」「ずいぶん老け込んだ」という人も少なくない。

しかし海外では「白髪ルックもなかなか素敵」という声が多くあがっており、白髪を美しく手入れし魅力的に演出するセレブたちが話題に。若い人の中には「あえて白く染める」という人もいるというから、白髪に対するイメージもずいぶん変化しているようだ。

抜けば毛包が傷み、染めれば髪が傷む。ならば白髪をきちんと整えおしゃれに演出するほうが、髪にとっては一番良いのかもしれない。

・合わせて読みたい→みちょぱ、ファンから毛髪の“異変”指摘されショック… 「気にしないで!」

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

「白髪は抜かないで」と専門家が警鐘 ダメージでハゲてしまう可能性を指摘