画像はイメージ

妊娠・出産を機に仕事を辞めて子育てに専念する女性もいるが、将来的に再就職を望むなら慎重になったほうがいいかもしれない。キャリコネニュース読者で30代後半の女性(栃木県メーカー系/子ども2人)は、

「子育てが落ち着いたため、正社員で再度働きたいと思って面接を受けるものの、書類審査すら通らず。将来の年金のことも考えて契約社員としてフルで働き始めるが、未経験の仕事なので給料は低い」

と実体験を打ち明ける。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

企業は未来のある若者を積極採用…しかし「私たちにも未来がある」

女性の現在の給料は、手取りで12万円ほど。女性は「主人の給料があるので今のところ不自由はないが、やはり将来が不安」とこぼす。また、

「未来のある若者を積極的に企業が採用するのもわかるが、私たちにも未来がある。非正規雇用ではなく正社員でしっかり働きたい」

と切実に訴えた。

別の30代後半の女性(千葉県/IT・通信系/契約社員子ども1人)も「妊娠初期に前職を辞め、再就職した年収は250万円もありません」と嘆く。

「共働きなのである程度の世帯年収を得られてはいますが、自分1人の収入だとかなりの家計管理が必要だと思います」

子育てに専念することによって磨かれる能力もあるはずだが、現状は一度キャリアを中断すれば元通りに復帰することは容易でない。“女性は家計補助程度の収入でいい”という企業側の価値観アップデートされていくといいのだが。

手取り12万円、子育てから復職した女性の厳しい現実「再び正社員で働きたいと思っても、書類審査すら通らず」