米国の宅配ビザチェーンの雄として知られる「ドミノ・ピザ」が、イタリアから撤退したという。

ブルームバーグや英BBCによると、2015年イタリア国内で営業を開始した「ドミノ・ピザ」だが、新型コロナウイルスパンデミックの影響で、地元のレストランが配達サービスを拡大するなど強みを失い、7月末でイタリアから撤退することになった、とのこと。

イタリア上陸時には880店舗をオープンさせると目論見、投資金額を募っていた「ドミノ・ピザ」の撤退に、ネットでは「ドミノ・ピザイタリアでどうやって生き残れるのか、ずっと疑問に思っていた」「自信過剰すぎる」「誰がパイナップルとピザを一緒に食べたいと思う? これが答えだ」「北極で雪を売ろうとするようなもの」といった意見が出ているようだ。