お笑いコンビオズワルドの伊藤俊介(33歳)が、8月9日に放送されたバラエティ番組「ニューヨーク恋愛市場(れんあいしじょう)」(ABEMA)に出演。交際している蛙亭・イワクラ(32歳)にラブコールを送った。

番組はこの日、相手と関係を築かずに脈なしの状態で告白をするハラスメント、通称“告ハラ”について街頭調査を行い、その実態に迫る企画「実際にあったクソ告白」を放送。

スタジオメンバービックリの“クソ告白”が次々と明らかになる中、スタジオではオズワルドの畠中悠が、“同じ人から30回も告白された”という女性のエピソードについて興味を示し、「30回告白は憧れる。アメリカの映画みたい」とコメントすると、「(30回も告白するのは)カッコよさを見せたくてやっているのに『気持ち悪い』と言われてしまう。でも、アメリカの文化のレディーファーストはやらなきゃいけないから、日本の文化とアメリカの文化、どちらをやればいいかわからない」とも困惑。

ニューヨーク・屋敷裕政も「めっちゃわかる!これが良しとされてるときもあったけどな」と賛同した。

そこでイワクラとの熱愛発覚が記憶に新しいオズワルド・伊藤が「実際に俺は8回告白したことある」と明かす一幕があり、すかさず屋敷が「イワクラに?」と切り込むと、苦笑いを見せた。

また、ニューヨーク・嶋佐和也が「(交際の件について)どうなの?」と問いかけると、伊藤は「ご存じの通り、めっちゃ付き合ってますよ」とキッパリ。さらに、嶋佐と屋敷のフリにより、伊藤が「俺イワクラの事愛してるってさ〜!」とイワクラへラブコールを送る場面もあり、スタジオを大いに沸かせた。