男たちの熱い友情と闘いを描く「HiGH&LOWシリーズと、高橋ヒロシ(※「高」は、はしごだかが正式表記)原作による不良漫画の金字塔「クローズ」「WORST」がクロスオーバーした映画の続編「HiGH&LOW THE WORST X」(読み方:「X」=クロス)の最速キックオフイベント8月10日、都内で行われ、前作に引き続き出演する「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の川村壱馬、シリーズに初参戦する「BE:FIRST」の三山凌輝ら、総勢22名のキャストが勢ぞろいした。

【フォトギャラリー】イベントの模様、キャストのソロショットも

花岡楓士雄(川村)が頭をはる鬼邪高校の前に、えんじ色学ランを着た"血の門"の異名をもつ瀬ノ門工業高校の頭・天下井公平(三山)と最強の男・須嵜亮(「NCT 127」の中本悠太)が立ちふさがり、瀬ノ門と三校連合を結成した鎌坂高校、江罵羅商業高校、前作で鬼邪高校と激突した鳳仙学園や、その存在が示唆されていた鈴蘭男子高校も動き出し、シリーズ史上最大の頂上決戦が繰り広げられる。

およそ3年ぶりの続編製作が実現し、川村は「先延ばし、先延ばしで撮影ができない状況が続きましたが、このタイミングで、豪華なキャストの皆さんと最高の作品をつくれた。すごくうれしいです」と喜びの声。「僕らにとっても待望の作品。みんなで愛して、全力で魂を注いだ」と強い手応えを示していた。

一方、同シリーズの大ファンだという三山は「感無量ですね」としみじみ。「前作を見て、続きがあるんだろうと思っていたが、まさかいい意味で、自分に飛び火するとは。こんな世界線があるんだなと思う」と初参戦への思いを明かした。役どころについて「本当に孤独」だと振り返ると、川村は「天下井公平はすごい悪役。どう関わったらいいのかと探っていたが、自分からワンちゃんのように距離を縮めてくれて。超かわいいやつだった」と三山の素顔を明かしていた。

この日のイベントには川村、三山に加えて、前田公輝、うえきサトシ、中島健、龍、鈴木昂秀(以上、鬼邪高校)、永沼伊久也(瀬ノ門工業高校)、藤原樹、岡宏明(以上、鎌坂高校)、長谷川慎、今村謙斗(以上、江罵羅商業高校)、葵揚、小柳心、荒井敦史、堀夏喜、坂口涼太郎(以上、鳳仙学園)、三上ヘンリー大智、板垣瑞生、時任勇気、木村彗人、高橋祐理(以上、鈴蘭男子高校)が出席した。

轟洋介を演じた前田は「3年という時間を感じさせないくらい、空気感は変わらなかった」と現場の様子を語り、「前作よりも成長した、人間味あふれる姿をみてもらえるはず」とアピールしていた。

HiGH&LOW THE WORST X」は、9月9日に全国公開。「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」をはじめ、「MA55IVE THE RAMPAGE」「BALLISTIK BOYZ」「PSYCHIC FEVER」「DEEP SQUAD」の5組が楽曲提供している。

キックオフイベントの模様