映画『HiGH&LOW THE WORST X』キックオフイベントが10日、都内にて開催。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬、龍、鈴木昂秀、藤原樹、長谷川慎とBE:FIRSTRYOKIこと三山凌輝、FANTASTICS from EXILE TRIBEの堀夏喜と木村慧人、そして俳優の前田公輝、うえきサトシ、中島健、永沼伊久也、岡宏明、今村謙斗、葵揚、小柳心、荒井敦史、坂口涼太郎、板垣瑞生、時任勇気、高橋祐理、さらにプロ格闘家で本作が俳優デビューとなる三上ヘンリー大智が登壇した。


HiGH&LOWシリーズと漫画『クローズ』『WORST』(原作・髙橋ヒロシ)の2大最強コンテンツクロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST』の続編となる本作。



3年ぶりとなる続編の撮影に川村は「このタイミングで実現できたことはすごくうれしかった」とコメント。「こんな豪華なキャストの皆さん、新キャストの皆さんと一緒に最高の作品を作れたのでめちゃくちゃ良かったです」と喜んだ。


本作の主人公・花岡楓士雄を演じるために役作りのスイッチを入れる作業が必要だったか、と聞かれると「ないですね」と即答。「カメラ回ったら『はい』みたいな感じ」とスムーズに役へと移行できることを明かし、「グループ活動とかもさせてもらっていますけど、ライブとかで歌う瞬間とかも常にそういうことを当たり前にやっているというか。1曲1曲で世界観も曲の主人公も違うし、その人になりきるじゃないけど勝手に自分でやっている部分があるので、それが映像のお芝居になった時もあまり変わらない」と持論を語った。


シリーズファンであるという三山は、自身の出演に「感無量ですね」としみじみ。「特に前作のファンで、映画館で見た時の記憶も鮮明ですし、その後何回も見返した映画で、本当に大好きなアクション映画のひとつ」と愛を溢れさせた。


また「『次のキャスト誰なんだろう』とか『続きはあるんだろうな』と最後のシーンを思い返しながらいちファンとして憶測していた」と告白。「まさか自分に、いい意味で飛び火がくるというか」「こんな世界線があるんだなと思った」と驚きの大きさを明かした。


役を演じる上では「デフォルトで怖い顔というか、彼の根本の人生をたどるとそういう顔つきになっちゃうんだろう」と怖い顔つきをするように意識していたそう。その一方で「孤独で孤独で。カットかかったらとりあえずキャストのみんなと仲良くなりたくて。キャストの皆さん、僕がこういう人だと思っていたらどうしようと思って、『ちげぇぞちげぇぞ、仲良くして』って言ってみんなと仲良くさせてもらいました」とカメラが回っていない場ではキャストと仲良くなることを心掛けていたと振り返った。

【画像】川村壱馬&三山凌輝、仲良しショット


役作りに入り込みたいタイプかもしれない、と三山との関わり方を探っていたという川村は「ふた開けてみたら自分からきゃんきゃんワンちゃんみたいに来てくれて、超かわいいやつだった」と笑う。三山は「壱馬くんのお芝居が大好きだったりして、魅力も気になるじゃないですか。壱馬くんってどういう人なんだろうって。そういう下心を込めて仲良くなれたらな、と」とぶっちゃけていた。


川村と同じTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEに所属する藤原は、劇中では川村と相対する役柄であることに関して「ボーカルの壱馬さんとタイマンするシーンがあって。正直恥ずかしいのかな、照れとかあるのかなと思った」と自分が照れてしまうかもしれないと思っていたという。


しかし「撮影になると目の前に映画で見ていた楓士雄がいて。(気分が)上がりましたね。楽しかったです」と実際の撮影で楓士雄と対面したことで、楽しみながら演じられたことを打ち明けた。

同じくTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの長谷川も「僕もTHE RAMPAGEに入ってからこの『HiGH&LOWプロジェクトが始まって、一番最初の作品から『HiGH&LOW』を見てきて、ただのいちファンとしてずっと作品を追いかけてきていて」と話す。「自分も出たいなとずっと憧れていた作品でもあったので、今回お話いただいて本当にうれしかったですし、こうしてTHE RAMPAGEの中でも『HiGH&LOW』に携わる人がどんどん増えていくのが僕的にはすごくうれしい」と語った。


格闘家である三上は、自身の出演に「プロの試合にアマチュアが出るみたいな感覚で『これ失礼なんじゃないか』と思って。でもどうしてもということで『じゃあ頑張ります』と言った」と不安もあったそう。


「演技をしている中で常に頭にあったのが『映画.comでめっちゃ批判されたらどうしよう』みたいな」と本音を吐露。さらにラオウという役柄については「僕『北斗の拳』が好きなんですけど、実はトキの方が好きなんです」と笑わせた。


そんな三上に川村は「同い年なんですけど、すごい仲良くなって。めっちゃいいやつなんですよ。僕も好きになっちゃいました。今になったらラオウは彼意外考えられない」とコメント。三上は「一番うれしいです」と喜んでいた。

【他画像】総勢22名のキャスト集結
ドワンゴジェイピーnews