鎌倉駅から藤沢駅までを走る「江ノ島電鉄」は、その景観の良さから観光スポットとして人気が高い。今ツイッター上では、早朝に撮影した江ノ島電鉄鎌倉高校前駅の写真が「美しすぎる」と話題になっているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】めちゃくちゃ美しい…


画像をもっと見る

■朝の訪れを待つ鎌倉高校前駅

鎌倉

「朝に撮った江ノ電が最高に綺麗だった」とコメントを添え、1枚の写真を投稿したのはフォトグラファーのszunaさん。そこには朝の訪れを待つ、鎌倉高校前駅ホームが写されているのだ。この瞬間…自動車は1台も通っておらず、朝焼けに照らされる穏やかな海とレトロデザインの車両が主役となっている。

江ノ電」という名称で親しまれる江ノ島電鉄は、10kmを15の駅で結ぶローカル線。単線の線路は細い住宅街を抜けたり、美しい海岸線を走ったり、さまざまな景色を堪能できる。沿線には観光スポットも数多く存在しているので、朝から晩まで観光を楽しめるのも魅力の1つだ。


関連記事:心に沁みる美しい写真、意外な事実に驚き 地元民も「こんな景色があるとは…」

■ネットでは絶賛の声が…

szunaさんの投稿にネットでは、「運転席に映った朝陽がキレイ。こんな時間にそこに行くのは難しいからステキな写真ありがたい」「清々しい空気感まで伝わってきます。 素敵」「七里ヶ浜の朝焼けは夢のような景色」といった具合に、絶賛する人からの声が続出。

他には、「いつか鎌倉行く。決めてる」「美しいし、実際に乗ってみたい」「この光景を目にしたい」など、現地まで足を運びたいというコメントも多く見られた。

■気になる撮影の経緯

今回の投稿は、わずか数日で12万件を超えるいいねを獲得。気になる撮影の経緯を聞いてみると、「過去に江ノ電の車内を撮影したのですが、その写真を取る際に一緒に撮影したものです」と説明するszunaさん

鎌倉

じつは、3月に投稿された江ノ島電鉄の写真では38万を超えるいいねを獲得。映画「千と千尋の神隠し」のワンシーンにそっくりだと話題になったのだ。この1枚は七里ヶ浜駅から鎌倉高校前駅の間で撮影されたという。


■撮影時の苦労について

多くの人が絶賛した朝を待つ鎌倉高校前駅での1枚。撮影時の苦労については、「線路の左側が道路なので、車などが写り込まないタイミングで撮るのは苦労しましたね。こちらは朝6時頃に撮影したものになります」とszunaさんは語る。お気に入りのポイントは、車窓にオレンジ色の空が反射しているところだそう。

この他にも各地の絶景を撮影しているszunaさん。いったい次はどんな写真を発信してくれるのだろうか…。

・合わせて読みたい→山口県で撮影された「絶景写真」 あまりの美しさに絶賛の声が続出…

(取材・文/Sirabee 編集部・小野田裕太

朝の訪れを待つ「江ノ電」で撮影された1枚 あまりの美しさに衝撃走る…