福岡の北九州市、大阪の西成区など、日本各地には「修羅の国」の異名で知られる地域が点在している。こと東京となるとやはり足立区が抜きん出ている印象を受けるが、大田区もその治安をめぐってネタにされがちなエリア

そんな大田区・蒲田には思わず目を疑ってしまう「謎の標識」が存在するのをご存知だろうか。

【話題のツイート】スケールがデカすぎるだろ…


画像をもっと見る

■この標識、何かがおかしい

今回注目したいのは、ツイッターユーザー・蒲田警備隊さんが投稿した一件のツイート

こちらの投稿には「蒲田から北海道北見市までの標識があるんです。北見市まで、約1,415km!」と謎すぎる文章が綴られており、思わずそんなワケないだろう…とため息をついてしまった。

オホーツク北見焼肉したっけ

しかしツイートに添えられた写真を見ると…なんとそこには「北見 約1,415km」という、まさに目を疑う表記の標識が確認できたのだ。


関連記事:軽井沢で撮影された「ムササビ横断注意」の標識 ユルすぎるデザインが話題に

■スケールのおかしさにツッコミ続出

蒲田から北海道北見市まで1,415kmとのことだが、これは東京から沖縄の那覇市までとほぼ同じくらいの距離で、そもそも道路標識として表記されるのがあり得ないレベルの遠さである。

こちらのツッコミどころ満載な標識に興味を抱いた人は多いようで、件のツイートは投稿からわずか数日で1,500件以上もの「いいね」を記録しており、他のツイッターユーザーからは「流石にこれ見て『北見行こう!』とはならんやろw」「お店に出身者がいるとか?」「流石は蒲田だ…」「ちょっと見てみたいかも」「遠すぎる…」といった声が多数寄せられていた。

なお、件の標識の右下部分をよく見ると…小さな字体で「北見焼肉 15m」という控えめな表記があることにお気づきだろうか。そこで記者は今回、こちらの標識から15m先にある焼肉店「オホーツク北見焼肉したっけ」の関係者らに詳しい話を聞いてみることに。

すると「修羅の国」の4文字で終わらせるには惜しい、蒲田の素晴らしい魅力が明らかになったのだ。

■「蒲田なら」この看板も納得?

話題のツイート投稿主・蒲田警備隊さんはアカウント名の通り、蒲田の日常的な光景や、ちょっとしたトピックなどを中心にツイートするのが日課だという。

一人称が「警備隊」であるナイスガイな蒲田警備隊さんは、「北見までこんなに距離があるんだ、日本は案外広いな、ということを知って頂きたく、こちらのツイートを投稿しました」「また、こんな標識を路地に掲げているのも蒲田ならではと思いました」と、ツイート投稿の経緯を振り返っている。

オホーツク北見焼肉したっけ

そこでまず、話題の焼肉店「したっけ」オーナーの住友竜也さんに標識風の看板掲出の経緯について尋ねてみたところ、件の看板は店がオープンした2018年8月に設置されたものであると判明。

北見市の出身だという住友さんは、「人口に対する焼肉屋の件数が異常に多い土地でした」「焼肉=高級でなく、安くてたくさん食べられる身近な存在でしたね」と地元について語っており、「北見焼肉を知らない人がまだまだ多い」という思いから、同店をオープンしたというのだ。

そして看板のデザインについては、デザイナーとして活動する川越純香さんに「インパクトのあるデザインで」と希望したのだが、じつは「標識タイプ」になる前の初期構想がかなりブッ飛んでおり…。


■そっちはそっちで見てみたい…

件の看板が設置されているのは店の「裏側」に当たるのだが、オーナーの住友さんが北見市出身ということもあり、看板のデザインが浮かんできたのだそう。

なお、その他のデザイン候補について川越さんは「当初は牛が交尾しているデザインのものも検討していました(笑)」と明かしており、それはそれで「蒲田要素」が強いため、見てみたかった気もする…。

オホーツク北見焼肉したっけ

同店店長の大久保誠さん曰く、看板のデザインは来店客からもかなり評判が良いそうで、ときには一緒に写った記念撮影を撮っていく人もいるのだとか。

同店は北見市の焼肉を「オールドストロンスタイル」で楽しめるほか、文字通り「漫画のような大盛ライス」が提供されたり、スマホゲーム逆転オセロニア』の聖地であったりと、様々な魅力にあふれている。

次回はそんな「したっけ」の焼肉の魅力について実食レポをお届けしたいので、お腹を空かせて待っていてほしい。


【店舗紹介】

オホーツク北見焼肉したっけ

オホーツク北見焼肉したっけ」

東京都大田区西蒲田7丁目27−1 シャトー蒲田12

・合わせて読みたい→左折しようと見上げた標識、何かがおかしい… 突如現れた「謎の7文字」が最高すぎる

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

修羅の国・蒲田で見かけた標識、明らかにおかしい 「遠すぎだろ…」とツッコミ相次ぐ