画像はイメージ

「学歴」は必要か不要か。キャリコネニュースには「学歴」に関するさまざまな意見が寄せられているが、今回は早稲田大学大学院卒の40代女性の意見を紹介する。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは学歴をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

受験勉強は「チャレンジを克服する方法を自分で見つける体験」

女性は早稲田大学大学院を卒業し、現在はIT・通信系(企画・マーケティング・経営・管理職)業界の正社員で年収1000万円だ。女性は学歴を得るために行う「受験勉強」が、社会に出てからも役に立つという。

「受験勉強というのは、期日を設けてそれに向けて努力ができる、またそのチャレンジを克服する方法を自分で見つけたりできる体験をしてきている。それは社会に出てからも、問題は違えど『課題に対する考え方』やこれまでの成功失敗体験が元になり、行動の基礎となると思う」

また女性は、「進学することで得た学問や人間関係は、視野が広がるとともに、考え方の選択肢が広がることに繋がると思う」と大学進学のメリットを語った。

「上から下を知る方法はいくらでもあるが、下にいては上の中身を知る機会は得られない」

さらに、学歴をつける過程で得た広い視野や人間関係、知識によって、「価値観の幅も広まる」と考える女性。そして広がった価値観や人脈に触れることで、「世の中におけるヒエラルキーにおいて、おのずと世の中を動かしたり、企業を動かしたりする人と出会う機会が増える」と持論を展開する。

コミュニティレベルは、上から下を知る方法はいくらでもあるが、下にいたのでは上の中身を知る機会は得られないと私は考える」

女性は、「よほどの天才や何かの才能に長けた人は、その世界で頭角を表すことができる」としつつも、「それ以外の我々のような凡人が、社会に出てから自分のやりたい企業に勤めたりお金を稼いだり、やりたいことをやる選択肢を得るためには、『学歴を取得する(努力を)するしかない』と思ってる」と綴っている。

早稲田院卒の女性「凡人がやりたいことをやるためには、学歴を取得するしかない」