8月11日(木)に開催された音楽ライブ星のカービィ 30周年記念ミュージックフェスにて、アニメ星のカービィBlu-ray BOXが2022年冬に発売となることが発表された。

 アニメ版『星のカービィ』は2001年から2003年にかけ、全100話がTBS系列で放送されたテレビアニメ。総監督を吉川惣司氏が務め、中部日本放送CBC)と電通、ア・ウン エンタテインメントの共同で制作された。

 放送開始時点ですでに10タイトル以上もの展開を見せていたゲーム版との整合性を保ちつつも、新たな設定を取り入れたり、アニメオリジナルキャラクターが登場したりと、独自の展開も目立つ

『星のカービィ』テレビアニメ版のブルーレイボックスが発売決定1
(画像は『星のカービィ』公式Twitterアカウントより)

 主人公である「カービィ」についてはプレーヤーひとりひとりの気持ちが反映できるように、カービィ自身の個性を前面に出さないよう配慮してきた」ゲーム版の流れを受け継ぎ、アニメ内でも「しゃべらない」ことに挑戦。ゲーム星のカービィ』の原案者である桜井政博氏のこだわりが反映された作品となっている。

 制作にあたってはポリゴンと2DCGとセル画の3種を用いたハイブリッド形式が採用されており、当時の最新技術を駆使してカービィの「ポニョポニョ」とした感触を表現セル画数自体も当時の一般的なテレビアニメと比較して1.5倍程度にのぼり、非常になめらかな絵の動きを実現していた。

『星のカービィ』テレビアニメ版のブルーレイボックスが発売決定2
(画像は『星のカービィ』公式Twitterアカウントより)

 今回発売が決定したBlu-ray BOXには全100話をまるごと収録。リマスター化も施され、さらに美しくなった映像を楽しめるようだ。すでにTwitter上などでは「持っているVHSが劣化する前に聞けて良かった」「ずっと待ってました」など、発売決定を喜ぶ声が多数上がっている。

 記事執筆時点では価格や発売日などは明らかにされておらず、詳細については後日発表予定とのこと。気になる方は『星のカービィ』公式Twitterアカウントなどをフォローし、続報を待とう。

『星のカービィ』公式Twitterアカウントはこちらアニメ『星のカービィ』CBC公式サイトはこちら
リンク